母の日に・・・

ずいぶん前になってしまいました。。。

息子や娘たちから
手紙やプレゼントをもらいました。

これは長女からの手紙。


IMG_4698_convert_20160529205537.jpg


このブログは
自分の大切なことや
大好きなことを記していこうと
はじめたもの。

娘からの手紙は
とてもプライベートなものですが、
それも私の生き方なので、

ここに残しておこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

お母さんへ

Happy Mother's day !! ということで、
今日はとことん感謝の気持ちを
伝えたい、と思います。

まず、毎回日本を離れるたびに、
あなたの存在の大きさを 
もんのすごく感じる。

どの交流でも私に手紙をくれるじゃん。
毎回お母さんの手紙を最後に読んで、
飛行機が離陸するころは、もう号泣っていう。笑

飛行機の中毎回泣いてるのって、
実はお母さんのせいだから!笑

で、今回のアメリカ出発の時も、
手紙くれたじゃん。
それを向こうの生活の中で
たまに読んでは、
よし がんばるかって なってた。

お母さんからちょいちょい来る
LINEでも元気でてたし、
お母さんもいろんな事
がんばっているんだなぁ、と思ったら
私も負けていられない!って思わされたよ。

距離は離れていても、近くにいる、
ということはこの事ですね。
良いね。

今年の夏が終わったら、
想像以上の苦しみを
味わうことに事になると思う。
そんな時はまた、
お母さんから勇気をもらいます。

次!
あなたのSMILEは
周りの人もhappyにする!
なんて素敵なのかしら。笑

ヒッポの場に居ても、家でも、
どこに居てもお母さんが
まわりの人に与える影響はすごいよね。

前だれかに、
じんこと暮らしてたら楽しそうだねって言われて、
うんものすごく楽しいよって言ってしまった素直に。笑

きっと悩みとかだってたくさんあると思うけど、
お母さんはいつもhappyそうだよ。
(まあ、多分ほとんでお父さんのお陰な気がするけどさ。笑)

私もお母さんみたいな、
まわりの人さえ笑顔にするような
人間になりたいわ。

あとは、
どこの国に行こうと、
どんな遠くに行こうと、
私のお母さんはあなた一人だけって事。

まあ、そりゃあたり前なんだけどさ。笑
私にはたくさんのお母さんがいて、
いろんな人に出会い、
いろんな人から育てられてきたけど、

あなたを越える人に
私はまだ出会ったことないよ。

いつもどんな時でも、
私はお母さんのように
なりたいって思ってきた。

それは人柄だったり、
料理の腕、生き方とか趣味もね。

私のお母さん一番。
自慢の母だよ。

私もお母さんみたいな
素敵な人になりたいし、
そんな人になりたいと
思われるような人間になりたいです。

お母さんにはいつも感謝しています。
お母さんからもらう一言一言に
いつも元気もらっています。

ごはんおいしいし、
絵上手だし、歌うまいし、
いつも楽しそうで、
いつも幸せそう。

そんな人が
自分の母親で良かった!自慢!

これからも元気で最強な母でいてね。
私はそんなお母さんが大好きです。
これからもどうぞよろしく。

Thank you for being agreat examole for me.
Tha k you for everything you do for me.
You are the best mom. Love ya!











2016-05-29(Sun)
 

帰ってきました。

長女が夏休みに入り
早速アメリカから
一時帰国してきました。

空港での出迎えは
いつでも楽しい。

どんな姿を見せるかな。。。

IMG_4524_convert_20160504065548.jpg


全然変わらない姿で
現れました。

IMG_4532_convert_20160504065909.jpg


結構遅い時間でしたが、
賑やかな出迎え。

IMG_4554_convert_20160504070005.jpg


翌日には
ダラダラとひたすら話す
ダラダラ報告会。

IMG_4559_convert_20160504070023.jpg

昼の部、夜の部、
たくさんのヒッポメンバーが
やって来てくれました。

自分の体験をシェアできる
環境があるってことが、
本当~に大事。

素直に伸び伸びと話す姿を見ながら
こちらが清々しい思いになりました。

彼女の話はまた別の機会に。。。

さあ模様替えしなくちゃ~。











2016-05-05(Thu)
 

アルバム

メキシコいる娘から
数か月ぶりのメールがきました。

小さいころの写真を送って下さい。
という短いお願いメール。

我が家のアルバムは
昔ながらの大きな分厚いもので、
子どもが生まれてからの冊数は
36冊を超えています。

デジカメに切り替えてから
ピタッと止まってしまったので、
便利になるということは、
失っていくものもあるってことですね。

ちょっと寂しい。。。

丁寧に切り貼りなどしながら
その時々の感動や楽しさが
溢れているアルバムです。

もちろん夫が作成してます。

それこそ数年振りに
アルバムを開いてみると、
昨日のことのように
思い出される出来事ばかり。

我が子だから可愛く見えますが、
結構すごいです。
こんなの見て喜ぶのは
親だけです。笑

懐かしい写真を1枚。

これは娘が3才くらいに
履いていた下駄。

IMG_4371_convert_20160419144838_convert_20160419151112.jpg


1年でこの量を
履いていたなんて
オドロキです。

外で遊ぶ時も
お出かけする時も
いつも下駄で、
履きつぶしていました。

これでジャングルジムだって
器用に登っていました。

野方のアパート暮らしを
していた時代なので、
子どもは朝から夕方まで、
とにかく毎日近所の子と
外で遊びまわっていました。

子どもにとって外は、
無限に広がる遊びの空間であり、
仲間を見つける場であり、
痛みや優しも味わう大切なところ。

子どもの声を聞きながら
過ごした毎日が懐かしい。。。









2016-04-19(Tue)
 

模様替え

入学式を終え、
いよいよ末娘の
中学校生活がスタート
と思ったら、

彼女の勉強机が
無いことに気づく。

あまり気にしてない
娘も娘ですが、
忘れてる私も私。。。

慌てて勉強スペースづくり。


IMG_4315_convert_20160409054217.jpg


IMG_4316_convert_20160409054240.jpg


タンスもちょっと移動。

IMG_4319_convert_20160409054323.jpg


新しい環境を
楽しんでいる姿を見ると、

小学校の6年、
中学校の3年、
高校の3年、
という節目節目が
子どもたちの成長に
とても意味を持っている
ものなんだと改めて思う。

頑張れ子どもたち!

そして、
また素敵なメッセージを
送ってくれる長女。

http://hinam13.blog.fc2.com/


5月1日には帰国してきます。
3か月ちょっとある夏休み。

ことばの体験を
紐解いてくれることが、
今から楽しみです。









2016-04-12(Tue)
 

3月3日

一年ぶりのお雛様。

IMG_3386_convert_20160303090624.jpg


アメリカの娘にも
写真を送ったら、

そんな季節だね。
日本て素敵だね。涙

そんなメッセージが
送られてきました。

当たり前の毎日や、
当たり前と思っていた
日本の四季折々の行事が、

日本の伝統、
日本人としての心を
育ててくれていたんですね。

当たり前から離れてみて、
気づいていく子どもたち。

当たり前といえば、
今日、夫が心臓の手術を終えて
退院してきます。

4時間も手術室の前で、
(前にはいませんでした。
スタバでコーヒー飲んでました)
待っているのは不思議な気持ちでした。

健康と思ってこれまで
過ごしてきたから。

当たり前に動いていた心臓のことも
当たり前ではなかったんだな。

睡眠時間が取れなくても、
お休みがとれなくても、
どうしてそんなに頑張れるの?

家族も麻痺してしまうくらい
当たり前に働いてきましたが、

もちろん組織人としての責任や
人との繋がりが原動力であることは
間違えないけれど、

そんな理屈ではなくて、
本当は家族がいるから
頑張れるのかな。。。

娘たちも、
なんのために今、
自分がここに居るの?

将来のためにとか、
夢を実現するためにとか、
本当はそんなこと
考えてないかも。

家族が居るから、
人との繋がりがあるから、
ただ頑張れる。
それだけかもしれない。

。。。


病院室から
手が届きそうなところに
見えていた東京タワーも
今日でお別れ。










2016-03-03(Thu)
 

多言語+脳科学

お知らせです。

一般の方はどちらも
申し込みが可能です。

IMG_3222_convert_20160214014011.jpg


2月15日(月)
AM10:30~13:00 ワークショップ

2月18日(木)
PM19:00~21:00 シンポジウム

どちらも会場は
オリンピックセンター小ホール


多言語を研究されている
MITマサチューセッツ工科大学の
Dr.スザンヌ・フリン
   +
東大で脳科学を研究されている
Dr.酒井邦嘉
   +
多言語の自然習得を実践している
ヒッポファミリークラブのメンバー
   =
『人間のことばとは何か』

という大テーマで、
共同研究がスタートします。

ワークショップは、
ヒッポの多言語活動を紹介し、
自然にことばを身に付けている私たちに、
どんなことが起きているのか・・・
高校生、大学生を中心に体験を話したり、
多世代でやるからこそ見えてくる、
人間の可能性についても触れていきます。

シンポジウムは、
先生方の研究について、
そしてこれからどんな方向で
共同研究がスタートしていくのか
その中身について迫っていきます。

ヒッポはこれまで、
ことばの習得を自然科学的に
研究、実践してきました。
どうして話せるようになるのか?
しかも楽しく、楽チンに。

そこにMITと東大が加わるのだから、
なんだか面白いことになりそうです。

難しいことではありません。

自分(人間)を知ることだから、
それは面白そうって思う。。。




2016-02-14(Sun)
 

メキシコからの手紙

Hola! Como estas?
Estoy muy contenta!

こんなふうに始まる
娘からの手紙。

声に出して読んでいると、
ものすご~く夫が驚いている。

読めるの?
うん。

わかるの?
うんなんとなく。

それって凄いよね。
ホントだね。

なんてことない会話ですが、
ぼんやりと全体がわかるっていう
この感覚は本当に不思議。

子どもたちは母語をこうやって
獲得していくんだもんね。

荷物と一緒に
こんなにたくさんの手紙が。。。

IMG_3195_convert_20160203160026.jpg


5か月経って
メキシコでの生活にも慣れ、
少しづつメヒカーナに
なってる実感もある。

でも時々思うの、
なんで私はここにいるんだろう?
自分はここに何しに来たんだろ?



自問自答している。

越えなければならいものが
一体何なのか・・・
気づいているのかいないのか?

もがいている姿がそこにある。



みんなから来た手紙を
2015年のもう使えない手帳に
挟んで持ち歩いている。

それだけで心強いの。
一人じゃないんだって。



もう胸がいっぱいになります。







2016-02-03(Wed)
 

以心伝心

以心伝心とは
本当にあるのかな。。。

以前にもスペイン語のことで、
アメリカにいる娘のブログと
時を同じくして
同じことを書いていました。
なんて書きましたが、

久しぶりに更新された
娘のブログにまたまた
同じことが。。。

私のタイトルは偏見でしたが、
彼女は友だちへの思いを書いてました。

娘は私のブログなんて
読んでいないので、
こんな時は本当に驚きます。


彼女の最近の様子も
わかりますが、
覗いてみて下さい。

http://hinam13.blog.fc2.com











2016-01-27(Wed)
 

今年の模様替え・・・

この家に引っ越して15年、
私は毎月のルーティーンのように
模様替えをやり続けていますが、

そろそろ変えたいものの中に
ダイニングテーブルとソファがあります。

どちらもかなりの大きさ。

そして夫の了解が得られなければ
ちょっとやそっとでは変えられない代物。

隙あらばと持ちかけることは
ちょいちょいありますが、
衝動的な判断をしない彼は
なかなかうんとは言いません。

その夫が、
中目黒を2人で散歩していて
たまたま見つけて入った
COW BOOKS で、
このテーブルいいね。
と言ったのです!

私は聞き逃すことなく
心でガッツポーズしながら、

そうだよね・・・
どうやって作る?
いつ頃やる?

超~具体的なとこまで
聞きました。

きっとやってくれるに違いない。

娘たちが帰国して来る頃は
我が家は6人家族になります。

一体ど~やって暮らす?
の質問にも、大改造だね。
と答えたのです。

ええ~そんなに思い切ったこと
してもらえるの!?
これは期待大です。

図面でも引きながら
妄想生活突入です。笑

COW BOOKSさん
ありがとう!

IMG_3122_convert_20160119132213.jpg


我が家にとっては
大きすぎるソファも
処分するらしい。

私たちがいない間に
このソファを処分したりしないでよ。

そう言い残していった
娘たちの勘は素晴らしいね。

抵抗勢力が帰ってくる前に
やってしまわないと。。。笑






2016-01-19(Tue)
 

偏見

いただいたデコポン。
甘かったな~。

IMG_2769_convert_20151224145942.jpg



我が家にホームステイ中の息子はLGBT。
私に知識があったわけでもなく、
縁があって我が家にやって来ました。

そこからのスタートがあっただけ。

一緒に生活している子どもたちは、
彼のパーソナリティーとして
いろんなことを受け止めていくから、
違いがあるということを、
知識や偏見が邪魔をすることはない。

お正月気分も抜けつつある日、
娘が朝のNHKを見ていたら、
お母さん!お母さん!
ラスムスと一緒~って呼ばれ、
慌ててTVに目を向けると、

その日の特集はLGBT。

ゲイ、レズ、トランスジェンダーの人が、
TV出演し自分のことを話していました。

真剣に見ていた娘が、
性同一障害ということばを聞いた時、

『え?障害なの・・・』

とつぶやきました。
そうだよね・・・

”ことばが偏見をつくっていく”

大きな責任を感じると共に、
子どもと朝っぱらから
真剣に話していました。

娘たちにとっては、
障害ではない個性であるだけ。

私たちは
彼がやって来たことで、
新しいことを知り、
自分になかった考えに
出会っています。

異なる文化、言語、考え、
違いにたくさん触れることは、
人間の想像する力を
育てることであり、

それは思いやりのある、
優しい人に成長していくということに
つながっているのだと思う。


だから違いがあるということは
大切なこと。。。


娘のおかげで
そんなことを考えた朝でした。













2016-01-08(Fri)
 

切手

娘たちから手紙が来たので、
それぞれにみんなから集めた
応援メッセージを送りました。

郵便局で記念切手を
選んでいたらあらびっくり。

和の食文化シリーズ
というものをみっけ。

IMG_2746_convert_20151219210151.jpg


アメリカに行った娘は
高校留学(YL)を経ているので、

英語を話すことが
楽しくてしょうがない。
勉強は大変だけど
やるしかないから楽しいんでる。
ホストファミリーと過ごす時間も
超~幸せ。

などなど。
彼女のブログを読むと
そんな様子が伝わってくる。

すべてYLという頑張った時間があるから
今の自分があると言い切っているから、
なんの心配もない。

メキシコに行ってる16歳は、
まだまだもがいてる頃でしょうね。

なぜそう思うかと言うと、
家族への手紙が長い!!
5枚も6枚も書いてくるのだから、
若干病んでる感じ?笑

日本に帰りたい
家族に会いたい
なんて思ってないのに、
時々涙が出てくる。。。

なぁ~んて書いてあるんです。

そんな娘にピッタリじゃない。
まるでとどめを刺すかのようでもあるけど、
なんかこの切手見たら
噴き出してしまいました。

ずらっと貼り付けて送りました。
さていつ届くやら。






2015-12-19(Sat)
 

娘からの手紙

メキシコにいる娘から
2通目の手紙が届きました。
日付はいつも一か月前。

私が出した手紙も
まだまだ届かないんだろうな。

それがメキシコ。笑

何枚書いてるんだろうってくらい
たくさん書いてありました。

IMG_2546_convert_20151130222906.jpg

今回驚いたことは、
最後に書いてあったスペイン語。

IMG_2564_convert_20151130222930.jpg

スペイン語を勉強したことは無いのに、
行って1か月ちょっとでこんなに書けるの?
凄いな~って感心しながら、

実はもっと驚いたことが、
うんうんそうなんだそうなだ・・・
と読みながら、

全部読めて全部わかる自分に、
ななななんで~と驚いたのです。

私自身もスペイン語のすの字も
勉強をしたことがなく、
本当にヒッポでやってるだけ。
それは遊んで真似して、歌っていただけ。

それだけなのに、
こんなにわかるんだ。。。

そのことに驚いてしまいました。

ホント。

娘は最後に、読めた?
まあ、わからなくてもいいです。
なんて書いてありましたが、

恐るべしヒッポ。
全部わかるよ~。


そしてそして、
アメリカにいる娘のブログを見て
もっとビックリ!

同じタイミングで
スペイン語の話題。
恐るべし親子。



http://hinam13.blog.fc2.com







2015-11-30(Mon)
 

みんな違う

スウェーデンから来た息子と
毎日いろんなことを話します。

彼が来るまでスウェーデンのことは
ほとんど知らなかったので、
もう驚くことばかり。

教育も政治も、
社会のあり方も、
日本とは違うことだらけです。

私はまだまだ子育てを
している世代なので、
一番心に残るのは、

みんな違っていいんだよ。

小さい時からずっと
言われているということであり、
スウェーデンではあたりまえなこと。

日本でもよく聞きます。
そんな歌もあったり、
詩になっていたり。。。

でもなんとなく、
日本ではそうなっていないから
あえて歌になっているような・・・

みんな同じ顔して、
同じことやって、
みんなと違うことをする、
目立つことをすることを、
極端に嫌う子どもたち。

そんな子どもたちを見ていると、
日本の学校は本当に
そんな子どもたちを
育てようとしているのかな。

のびのび生きていいんだよ。
自分らしく生きていいんだよ。
みんな違っていいんだよ。

心からそんなことを思う。










2015-11-25(Wed)
 

待ちに待ったマンスリー

高校一年生の次女がメキシコに旅立って、
早いもので2が月があっという間に過ぎ、

まだかな。まだかな。
と待っていたマンスリー。

マンスリーとは、
留学中に書く月一回のレポート。

このレポートは、
本人が自宅ではなくヒッポのオフィスに送り、
そこから親やフェロウ、
日本の学校にも届けられます。

そのマンスリーレポートが、
あちらでの生活がわかる
ゆいつの手がかりです。

元気かな?
学校に通っているかな?
ホスト家族に愛されてるかな?

そんな気になることが
詰まっている大切なレポートです。

がしかし、

メキシコは郵便事情が悪いのか、
郵便物が本当に届かない。
初めてもらった手紙も
日付から1か月を過ぎていました。

それもメキシコ。
楽しまないとね。

そのマンスリーが
立て続けに届きました。
8月、9月のマンスリーです。

2つのマンスリーを比べると、
スペイン語がものすごく増えてる!
これは驚きです。

書こうと思ったら書けるんだね。
と書いてあります。笑

本人も書きながら驚いている様子ですが、
音がいっぱいあるから話せる。
いっぱい話しているから書ける。

この当たり前なプロセスを
自然習得と言うんだよね。

娘とことばの話をすることが、
本当に楽しみ。

日本に比べたら違うことばっかり。
不便なことだらけ。

シャワーは水ってことにも驚いちゃうけど、
9月のマンスリーにこう書いてありました。

最初の頃は違いばっかり見えて、
日本に帰りたい、
日本語が恋しいとか思ったけど、

よく考えてみたら、
自分はここに来たかったんだ。
メキシコに帰ってくる夢が叶ったんだ。

そう思ったら、
行かせてくれたお父さん、お母さん、
受け入れてくれたメキシコのみんなに、
感謝することが今自分がすべきことで、

この貴重な経験を10か月をやり切ること、
今を生きるってことが、すべきことなんだよね。

だから自分に出来ることは、
眠くても、疲れても、忙しくても、
全てやっています。



Animo! Animo!
がんばれ がんばれ
と自分を励ましながらやっている姿が、
このレポートからにじみ出てきます。

私もがんばろう。
しっかり生きようって
励まされているようです。

8月マンスリー

IMG_2293_convert_20151026080802.jpg

IMG_2294_convert_20151026080826.jpg


9月マンスリー

IMG_2291_convert_20151026080855.jpg

IMG_2292_convert_20151104092052.jpg




2015-11-04(Wed)
 

今日から冬服

最近の高校は衣替えが遅いのかな。
今日から完全に冬服になりました。

朝からネクタイで大変なことに。

これじゃお父さん遅刻しちゃうよ。
と言いながらやってしまうのではなく
丁寧に教える夫。

IMG_2439_convert_20151102232549.jpg

初めてのネクタイです。







2015-11-02(Mon)
 

テスト~その後~

Hey!
スウェーデン語のあいさつです。

先日テストのことは書きましたが、
そのテストが返されました。

お母さ~ん
見て!見て!

嬉しそうに
学校から帰って来ました。

0点の解答用紙が多い中、
なんと数学が25点!

えっ!?そんなにできたの?
すごいじゃん!!
お父さんに連絡しなきゃ。。。

仕事中にも関わらず、
あまりにも嬉しかったので
息子がんばりました~と報告。笑

答案用紙見ながら
なんか泣けてきました。

何にも答えられていない教科も
必ず先生へのメッセージが
書いてあるんです。

今の彼ができる精一杯です。

あきらめず頑張ってほしい。
こんな瞬間を一緒に喜べることが、
なんとも嬉しいから。

IMG_2323_convert_20151102232147.jpg




2015-11-02(Mon)
 

テスト

スウェーデンからやって来た息子。
初めての定期テストです。

一体どうやって受けるのか・・・

話すことはできる。
読むことはほんの少し。
書くことはできない。

こんな感じです。

数学ならばと
夫と頑張ってみましたが、
日本の勉強は
やはりかなり進んでる。
というか全然違う。

この違いに夫も戸惑う。

もっともの違いは
ひっ算ができない。

それがわかった時には、
そこおぉ~!という
原因究明ができた喜びと、
お先真っ暗な現実に、

一同・・・

そういえばアメリカに留学した
娘が言ってました。

向こうは計算機を使うから、
暗算しただけで
みんなの驚きが半端なかった。

と。。。

どんなに数学が苦手でも、
どんなに話せなくても、
数学の授業だけは
あちらではヒーローってことです。

本当に毎日が楽しすぎる。

もうこうなったら、
1問に賭けるしかない。

これが出なかったら
あきらめる。

テスト期間中は
全てがそんな毎日でした。

夫からのメッセージ。

IMG_2276_convert_20151026080713.jpg







2015-10-26(Mon)
 

ブログを始めました。

娘から来たメールを義母に、
娘からしたらおばあちゃんです。
読んであげたら、

かわいそうに。。。

とポロポロ泣いていました。
ん?かわいそう?だっけ?

と思いながら、
私も一緒に泣く。。。



でもその後も、
生き生きとしたメールや
写真が届いていたので、
ブログにすれば?
と返信したら、

早速つくりました。

ひなたのブログです。
http://hinam13.blog.fc2.com

自分の感じたことを
ことばに残しておくことは、
自分のためでもあり、
応援してくれるみんなへの
恩返しでもあります。


是非覗いてみて下さい。
そしてコメントを寄せて
あげて下さい。










2015-10-17(Sat)
 

みんなへのメール

高校生の留学(YL)の時に、
できなかったことの一つ、
それは日本とのつながり。

今回長女は大学生なので、
私たちに今の様子を伝えてくれます。

早速みんなへメールが届きました。
応援してくれている人へ
シェアしたいと思います。

感謝の思いを込めて。。。

・・・・・・・・・・・・・・

Hi guys! This is Hinata. I'm doing good.

月曜からアメリカに居ます。
出発前は不安しかなくてすごい行きたくなかったけど、
自分が決めた道なんだし頑張るしかない、
という思いで出発日。

当日は飛行機のチケットの予約にミスがあって、
乗り換えのロサンゼルスでチケットを
自分で手配しなきゃいけない、
みたいになりさらに不安を募らせて
出発することになりました笑。

お陰様で機内では涙を出し切った笑。
ロサンゼルスではひたすら歩き回って
聞きまくった結果乗りたかった飛行機に乗れたし、
ちゃんとYLの時の家族が空港に迎えに来てくれて、
本当にユタに着いただけで達成感って感じ笑。

YLの家族と会うのは2年ぶり!2年ってすごい!
みんな大きくなってるし、喋ってるしびっくりしちゃった!
でも中身はみんな変わってなくて、
ひなひなと常に誰かが横にいます。

すごい嬉しかったのは、
CorbinとKaiseeが私を覚えてくれてたこと。
Corbinはちゃんと喋ってることにもう感動。
ひなたのこと覚えてる?って聞いたら
うんうん、って言ってハイチュウを
ねだってきたのが嬉しかった。

一番下のKaiseeは最初あったときに抱っこしたら
ママが、Kaiseeは初めての人に抱っこされると逃げるけど、
ひなたのことは覚えてるから逃げなかったんだよって言われて、
半泣きでした笑。
Kaiseeは当時1歳で今はもう3歳、
二年前のCorbinに話し方がそっくり!
何言ってるのか全然分かんない!
でも段々耳が慣れてきた。

マッキチーって叫ぶから、
何かと思ったら、macaroni and cheese の事だったり、
やっぱりHinataは言えなくてMataって呼ばれてるし。
全部懐かしい!

英語綺麗になったねと言われたり、
街で会う人会う人本当に帰って来てくれて嬉しいよ!って
声かけてくれるし、YLのときの生活が蘇って今はすごく楽しい。
時差ぼけとか英語に慣れるためにもいい時間だけど、
こうやっていつでも帰ってきていいんだよって
言ってくれる家族がいることが本当に嬉しいです。
それだけYLで頑張ったってことかな。

でも来週から学校が始まるから、
日曜にはEphraimっていう今いるところから
2時間くらい下のところに行かなきゃいけないんだけど、
めっちゃ不安。

まず自分でコンタクトとって
ホストファミリーに会わなきゃいけない。
本当にSwank family居てよかったと
心から感謝してます笑。

なんかホームステイのルールみたいなのが
送られてきたんだけど、
ヒッポのホームステイとは全然違う。
家族になろう!じゃないし、
お金も払うし、決まりが細かくあるし。
どんな感じか想像できないから不安。

だけど自分の目の前にいる人と
向き合うということは絶対に忘れない。
どんな状況になろうとすべての事に向き合って、
いろいろ悩んでみる!

ママはYLの時Lunch box にいつも手紙を入れてくれて
それ持って来てたからママに、ちゃんと持ってるよって
見せたら泣きながらyour just perfect girl ってハグしてくれた。

なんかこっちまで泣けてきて、
新しいホストファミリーのとこに行くのが怖いって言ったら、
何か不安なこととか嫌なことがあったらいつでも電話していいし、
いつでも帰ってきていいんだよ、
あなたは家族なんだから、って。

ふたりでボロボロ泣いた。
すごいすっきりしたし、助けを求められる人が
近くにいるんだっていうことを実感して、
ママがそうやって頼ってって言ってくれたことが
本当に嬉しかった。

だからこれから何が起こるかわからないけど、
なんとかなる気がしてきちゃった笑。

今はそんな感じ!
応援してくれる人がいるから頑張れる!
ありがとう!また報告します。

Thank you! Have a good one :)


・・・・・・・・・・・・・・・・・






2015-10-12(Mon)
 

置き手紙

乗り換えの飛行機の中から
送ってきた写真。

虹が出ています。

IMG_2226_convert_20151011103058.jpg



長女が成田を
出発するのは夜でした。

妹とも人生初の弟とも、
家の玄関でのお別れ。

朝、彼らが学校へ行く姿を
見送っての別れでした。

妹はいつもと一緒。
ハグをしたら、
行ってきま~す!と
慌てて出て行き、

弟は泣きながら
学校に行きました。

我が家に来てまだ
1か月とちょっと。
でも本当の姉弟のように
過ごしていました。

日本に来て、
一番頼りにした人が
行ってしまうんだもんね。

寂しいよね。

帰宅して来る2人へ書いた、
置き手紙。

IMG_2221_convert_20151011103025.jpg


晩ご飯のことと、
2人に向けたメッセージ。


ちょっと遠いところに旅に出るけど、
また帰って来るから。
その時はお互いの1年をシェアしようね。

ラスムスは
これから大変なことが増えるだろうけど、
あきらめちゃだめだよ。
成長するんだよ。
日本人になってよ。

なっちゃんは
最後の小学校生活
悔いのないように楽しんでね。
なっちゃんもチャレンジするんだよ。

では、また来年会いましょう。
元気でね。

2人とも手紙嬉しかったよ。


なんてことないことばの中に、
彼女の愛情と応援のエールが
込められている。







2015-10-11(Sun)
 
プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR