このタイミングで。。。

今回、前日から続く腹痛に、
この痛みはやばいかもと思い、
滅多に行かない病院に。

その時は歩くのはしんどいけど、
自転車ならなんとかって状況でした。

あのタイミングを逃していたら、
1人では病院には行けなかったな。

でももう少し大きな病院へと
救急でかかることになり、
行った先でそのまま入院。

手術までには至らなかったけど、
痛みは増していく中で、
ええ〜このタイミングで、

入院ですか。。。

このタイミングとは、
翌日に控えた、
地域の留学報告会、
その翌日に控えた、
長女の成人式。

冬には帰国してこないので、
20歳の誕生日を迎える
この時期に親族も呼んで
宴席を準備していました。

まだまだあります。

一連のことが片付いたら
やろうと思っていた、
末っ子のアメリカ出発準備。
出発まであと1週間。

娘を送り出した翌日には、
スウェーデンの息子が帰国。
1年の留学プログラムを終え、
いろんな意味で全てが最後。

これ以外にも
ホントいろいろありましたが、
このタイミングで〜の、

入院でした。

一番の気がかりは、
遠方から高齢の両親を呼んでの
娘のお祝い。

家族全員がそろうタイミングは
ここしかないって日取りだったし、
孫の着物姿も見せたいし、
普段は出来ない親孝行と思っていたので、
やって欲しいと願いつつ、
判断は夫に任せることに。

結果は、
全てキャンセルでした。
こんなこともありますね。

そうと決まってしまえば、
もうみんなに全てを委ねるだけ。

しっかりした娘だから、
自分の準備は自分で出来る。

毎日の生活も、
きっと手分けしながら
やってるだろう。

意外に心配することはなかった。

子どもたちからは、
今晩の夕食というタイトルで
写真が送られ、

夫からは、
末っ子のアメリカ交流は
すでに始まっているようなものだね。
心配することはない。
とメッセージ。

全てが日々の積み重ねなんだ。

だから悔いのないように
毎日を送ることが大切なんだと
改めて心に刻む入院となりました。


娘の旅立ちは明日。

きっと素敵交流をしてくる
そう信じて待っていよう。









2016-07-22(Fri)
 

娘が帰国して 〜つづき〜

娘がメキシコから帰って来た日の晩、
我が家は面白いことになっていました。

だって我が家にいるのは、
留学生のスウェーデン人と
アメリカから帰って来た長女と、
メキシコから帰って来た次女と、
私たち日本人ですから。

とにかくスペイン語が止まらない次女に、
長女は英語で話しかけ始めました。

すると次女は聞き返すことなく、
その英語にスペイン語で返し、
長女はまた英語で返してる。

なんの問題もなく
会話がスムーズに進んでる。

えええ?

なんでこんな事が起きるんだろう。
次女は英語は苦手でした。

なんでわかるの?と聞くと、
なぜだからわからないけど、
わかる。との返事。

ええ〜面白い。

一見まったく違う言語に思えるけど、
似てるってこと?

娘の中にその答えはまだない。
でも自分の身体の中で何が起きてるのか、
これからことばに解いていったから、
すっごく面白いと思う。

そして家の中ではいろんな場所で、
様々な言語が音楽のように流れてる。

その音にいちいち反応して、
ことばの発見が止まらない。

その中には、
ポルトガル語もあればイタリア語もある。
私が聞いていても似てるなって思う言語。

娘にわかる?と聞くと、
即答でわかるよと。

多言語を同時にやる意味はここにある。

このことばをやってから、
次にこのことばをやり、また次と、
ひとつひとつ積み上げていったら
こんなことは絶対起きない。

ことばの大海原に投げ出されても、
悠々と自由に、実に生き生きと
泳いでいる娘たちが本当に素敵。

自分らしく輝いている。

環境をつくることは
誰にでもできる簡単なこと。

楽しいばっかりの月日が結果として、
子どもたちにことばのプレゼントを
していたのだと改めて気づかされた。

次女は留学する前の自分ことを、
素直じゃなかったし、
あまり好きじゃなかったと。

でも今は、
何枚も何枚も皮がむけて、
本当の自分に出会えた感じ。
今とっても幸せ。

そう表現している。

17才の娘が、
今の自分が好き♪なんて、
大きな声で言えるなんて、

泣いちゃいそうです。

それくらい人と向き合い
自分と向き合い葛藤した
日々だったのでしょう。

本当の自分に出会う。
そんな人生の旅だったんだね。

娘たちに、
たくさんの勇気と元気をもらっている。







2016-07-21(Thu)
 

娘が帰国して。。。

娘が帰国していろんな事が起きてるのに、
随分時間が経ってしまいました。

書きたいことはいろいろあったのに。。。

ことばにしておかないと、
無かったように通り過ぎてしまいますね。

今私は病院のベッドの中です。
強い腹痛で緊急入院となりましたが、
痛みも和らいできたので、
ちょっと書いておこうかな。



娘が空港のゲートから姿を見せた時、
やっぱり感激でした。。。

大きくなった体を抱きしめ、
というより思いっきりハグされ、
その存在に圧倒されるような感覚と、
よくやり切ったという安堵の気持ちと、
ことばにならないものがありました。

あれは空港の出迎えでしか
味わえない特別な時間。

彼女から出てくる言葉は、
全てスペイン語。

日本語は理解できるのに
口から出てくるのはスペイン語。

その現実に多少戸惑いながら、
スペイン語しか出てこない現実も
楽しんでるような、
みんなを巻き込んでいくような、
熱量が彼女にはありました。

これまで様々な出迎えをしてきましたが、
こんなことも初めての体験。

16年間日本で過ごし、
日本人として大きくなってきた子が、
たった10ヶ月でどうやって
メキシコ人になるのか。。。

血も心も入れ替わってしまった。
そんな表現がピッタリな感じでした。

ヒッポで送り出すプログラムは
つくづく凄いなって思いました。

決して平坦な毎日でも、
笑顔でいられる毎日でもなかったはず。
どんなふうに乗り越えてきたのか、
どんなふうに自分を見つめてきたのか、
どんなふうに愛されてきたのか、
聞かせて欲しいことは
まだまだたくさんあります。

あっという間に学校生活が始まり、
あっという間に当たり前な毎日が
繰り返えされる日々だけど、

その合間に溢れる言葉の中に、
彼女の生きてきた証が刻まれています。

もっと聞いていたい。
もっと聞かせて欲しい。

体験は宝物。
本当にそう感じる。












2016-07-19(Tue)
 

期末テスト

中学生になった娘ですが、
今朝面白いことが。。。

朝の会話です。

今日から期末テストだね。
何の教科があるの?

え〜と、
何とかと何とかと保健体育。

きちんと言ってましたけど、
私が保健体育しか覚えてないだけです。

おおっ保健体育あるんだ。
頑張ってね。
保健体育こそ、
ここから出ますってことしか
出ないからね。

ん?うん。

ん?って範囲やったんだよね?

ん?見たよ。

ん?ん?見たよ?
それだけ?

え?やったよ。
たぶん。

え?え?え?
覚えたの?

ん?覚える?

ちょちょちょ、大丈夫!?

うん。たぶん。

じゃ、頑張ってね。


このなんとも
曖昧で不確かなやりとりに、
なんとなく嫌な予感。。。


出かけ前に、
お母さん、この靴持って行ったら
おかしいかな?

と運動専用のアップシューズを
見せて聞いてきたので、

なんで?
おかしくないと思うけど、
今日は体育ないじゃん。

と言ったら、

あるよ。保健体育。
行ってきま〜す!

と出かけて行ってしまいました。


。。。


もしかして、
うちの子、保健体育のテストって、
実技試験と思ってるのか!?

ま、まさかぁ。

ガチで、
走る気満々で、
普段の体育の時にも履かない
スポーツ専用の靴を
持って行ったのですから。。。


本当〜にオドロキますが、
時すでに遅しです。


帰って来るのを
楽しみに待ちましょう。











2016-06-27(Mon)
 

お父さんからのメッセージ

父の日に娘たちから
手紙をもらっていました。

これは娘たちへの
夫からのメッセージ。

IMG_5632_convert_20160622080401.jpg


娘たちは、
自分らしく真っすぐ前を
向いています。

なぜこんなに素敵なのかな…
なぜこんなに優しいのかな…

そう思う瞬間がいっぱいあります。

お父さんの存在は、
海よりも深く、
空よりも広いのかな。。。





2016-06-22(Wed)
 

チラシ

中学一年の娘に、
『お母さん友だちをヒッポに
誘いたいからチラシちょうだい』と言われ、

慌てて作りました。

IMG_5520_convert_20160610101347.jpg


IMG_5518_convert_20160610095329.jpg


IMG_5519_convert_20160610095345.jpg


さっそく昨夜は、
お友だちが遊びに来てくれました。

嬉しかったです。

一人でも多くの人が
自分の新しい扉を開く
きっかけとなったら嬉しいしな。








2016-06-10(Fri)
 

帰国が決まりました

昨年の夏から、
メキシコに留学していた次女の
帰国日が決まりました。

7月1日

どんな姿で
目の前に現れるのか・・・
本当に楽しみです。

長女の時は、
本当にこの子が自分の娘なのか、
信じられない気持ちでした。

それくらい変わってしまっていました。

少し前に娘から届いた手紙。
郵便事情が悪いメキシコなので
これが最後の手紙になるんだろうな。。。

IMG_4657_convert_20160529225828.jpg

IMG_4661_convert_20160610013124.jpg


ことばも含め、
すべてがゼロからの出発。
自分を信じて
前に進むしかない道って
どんなだろう。

笑った日より
泣いた日の方が多いのか、
寂しいって思うより、
嬉しいって日の方が多いのか、
経験のない私には
到底わからない。

手紙の中の娘は、
いつも悩み、
自分に問いかけ、
そしてがんばれ自分って
奮い立たせているようでした。

長女がそうだったように、
自分の人生を変えるような時を
今歩んでいるのだと思う。

その道のりを振り返るのは
帰国してからで十分。
今を精一杯生きていて欲しい。
願うことはそれだけ。







2016-06-10(Fri)
 

母の日に・・・

ずいぶん前になってしまいました。。。

息子や娘たちから
手紙やプレゼントをもらいました。

これは長女からの手紙。


IMG_4698_convert_20160529205537.jpg


このブログは
自分の大切なことや
大好きなことを記していこうと
はじめたもの。

娘からの手紙は
とてもプライベートなものですが、
それも私の生き方なので、

ここに残しておこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

お母さんへ

Happy Mother's day !! ということで、
今日はとことん感謝の気持ちを
伝えたい、と思います。

まず、毎回日本を離れるたびに、
あなたの存在の大きさを 
もんのすごく感じる。

どの交流でも私に手紙をくれるじゃん。
毎回お母さんの手紙を最後に読んで、
飛行機が離陸するころは、もう号泣っていう。笑

飛行機の中毎回泣いてるのって、
実はお母さんのせいだから!笑

で、今回のアメリカ出発の時も、
手紙くれたじゃん。
それを向こうの生活の中で
たまに読んでは、
よし がんばるかって なってた。

お母さんからちょいちょい来る
LINEでも元気でてたし、
お母さんもいろんな事
がんばっているんだなぁ、と思ったら
私も負けていられない!って思わされたよ。

距離は離れていても、近くにいる、
ということはこの事ですね。
良いね。

今年の夏が終わったら、
想像以上の苦しみを
味わうことに事になると思う。
そんな時はまた、
お母さんから勇気をもらいます。

次!
あなたのSMILEは
周りの人もhappyにする!
なんて素敵なのかしら。笑

ヒッポの場に居ても、家でも、
どこに居てもお母さんが
まわりの人に与える影響はすごいよね。

前だれかに、
じんこと暮らしてたら楽しそうだねって言われて、
うんものすごく楽しいよって言ってしまった素直に。笑

きっと悩みとかだってたくさんあると思うけど、
お母さんはいつもhappyそうだよ。
(まあ、多分ほとんでお父さんのお陰な気がするけどさ。笑)

私もお母さんみたいな、
まわりの人さえ笑顔にするような
人間になりたいわ。

あとは、
どこの国に行こうと、
どんな遠くに行こうと、
私のお母さんはあなた一人だけって事。

まあ、そりゃあたり前なんだけどさ。笑
私にはたくさんのお母さんがいて、
いろんな人に出会い、
いろんな人から育てられてきたけど、

あなたを越える人に
私はまだ出会ったことないよ。

いつもどんな時でも、
私はお母さんのように
なりたいって思ってきた。

それは人柄だったり、
料理の腕、生き方とか趣味もね。

私のお母さん一番。
自慢の母だよ。

私もお母さんみたいな
素敵な人になりたいし、
そんな人になりたいと
思われるような人間になりたいです。

お母さんにはいつも感謝しています。
お母さんからもらう一言一言に
いつも元気もらっています。

ごはんおいしいし、
絵上手だし、歌うまいし、
いつも楽しそうで、
いつも幸せそう。

そんな人が
自分の母親で良かった!自慢!

これからも元気で最強な母でいてね。
私はそんなお母さんが大好きです。
これからもどうぞよろしく。

Thank you for being agreat examole for me.
Tha k you for everything you do for me.
You are the best mom. Love ya!











2016-05-29(Sun)
 

帰ってきました。

長女が夏休みに入り
早速アメリカから
一時帰国してきました。

空港での出迎えは
いつでも楽しい。

どんな姿を見せるかな。。。

IMG_4524_convert_20160504065548.jpg


全然変わらない姿で
現れました。

IMG_4532_convert_20160504065909.jpg


結構遅い時間でしたが、
賑やかな出迎え。

IMG_4554_convert_20160504070005.jpg


翌日には
ダラダラとひたすら話す
ダラダラ報告会。

IMG_4559_convert_20160504070023.jpg

昼の部、夜の部、
たくさんのヒッポメンバーが
やって来てくれました。

自分の体験をシェアできる
環境があるってことが、
本当~に大事。

素直に伸び伸びと話す姿を見ながら
こちらが清々しい思いになりました。

彼女の話はまた別の機会に。。。

さあ模様替えしなくちゃ~。











2016-05-05(Thu)
 

アルバム

メキシコいる娘から
数か月ぶりのメールがきました。

小さいころの写真を送って下さい。
という短いお願いメール。

我が家のアルバムは
昔ながらの大きな分厚いもので、
子どもが生まれてからの冊数は
36冊を超えています。

デジカメに切り替えてから
ピタッと止まってしまったので、
便利になるということは、
失っていくものもあるってことですね。

ちょっと寂しい。。。

丁寧に切り貼りなどしながら
その時々の感動や楽しさが
溢れているアルバムです。

もちろん夫が作成してます。

それこそ数年振りに
アルバムを開いてみると、
昨日のことのように
思い出される出来事ばかり。

我が子だから可愛く見えますが、
結構すごいです。
こんなの見て喜ぶのは
親だけです。笑

懐かしい写真を1枚。

これは娘が3才くらいに
履いていた下駄。

IMG_4371_convert_20160419144838_convert_20160419151112.jpg


1年でこの量を
履いていたなんて
オドロキです。

外で遊ぶ時も
お出かけする時も
いつも下駄で、
履きつぶしていました。

これでジャングルジムだって
器用に登っていました。

野方のアパート暮らしを
していた時代なので、
子どもは朝から夕方まで、
とにかく毎日近所の子と
外で遊びまわっていました。

子どもにとって外は、
無限に広がる遊びの空間であり、
仲間を見つける場であり、
痛みや優しも味わう大切なところ。

子どもの声を聞きながら
過ごした毎日が懐かしい。。。









2016-04-19(Tue)
 

模様替え

入学式を終え、
いよいよ末娘の
中学校生活がスタート
と思ったら、

彼女の勉強机が
無いことに気づく。

あまり気にしてない
娘も娘ですが、
忘れてる私も私。。。

慌てて勉強スペースづくり。


IMG_4315_convert_20160409054217.jpg


IMG_4316_convert_20160409054240.jpg


タンスもちょっと移動。

IMG_4319_convert_20160409054323.jpg


新しい環境を
楽しんでいる姿を見ると、

小学校の6年、
中学校の3年、
高校の3年、
という節目節目が
子どもたちの成長に
とても意味を持っている
ものなんだと改めて思う。

頑張れ子どもたち!

そして、
また素敵なメッセージを
送ってくれる長女。

http://hinam13.blog.fc2.com/


5月1日には帰国してきます。
3か月ちょっとある夏休み。

ことばの体験を
紐解いてくれることが、
今から楽しみです。









2016-04-12(Tue)
 

3月3日

一年ぶりのお雛様。

IMG_3386_convert_20160303090624.jpg


アメリカの娘にも
写真を送ったら、

そんな季節だね。
日本て素敵だね。涙

そんなメッセージが
送られてきました。

当たり前の毎日や、
当たり前と思っていた
日本の四季折々の行事が、

日本の伝統、
日本人としての心を
育ててくれていたんですね。

当たり前から離れてみて、
気づいていく子どもたち。

当たり前といえば、
今日、夫が心臓の手術を終えて
退院してきます。

4時間も手術室の前で、
(前にはいませんでした。
スタバでコーヒー飲んでました)
待っているのは不思議な気持ちでした。

健康と思ってこれまで
過ごしてきたから。

当たり前に動いていた心臓のことも
当たり前ではなかったんだな。

睡眠時間が取れなくても、
お休みがとれなくても、
どうしてそんなに頑張れるの?

家族も麻痺してしまうくらい
当たり前に働いてきましたが、

もちろん組織人としての責任や
人との繋がりが原動力であることは
間違えないけれど、

そんな理屈ではなくて、
本当は家族がいるから
頑張れるのかな。。。

娘たちも、
なんのために今、
自分がここに居るの?

将来のためにとか、
夢を実現するためにとか、
本当はそんなこと
考えてないかも。

家族が居るから、
人との繋がりがあるから、
ただ頑張れる。
それだけかもしれない。

。。。


病院室から
手が届きそうなところに
見えていた東京タワーも
今日でお別れ。










2016-03-03(Thu)
 

多言語+脳科学

お知らせです。

一般の方はどちらも
申し込みが可能です。

IMG_3222_convert_20160214014011.jpg


2月15日(月)
AM10:30~13:00 ワークショップ

2月18日(木)
PM19:00~21:00 シンポジウム

どちらも会場は
オリンピックセンター小ホール


多言語を研究されている
MITマサチューセッツ工科大学の
Dr.スザンヌ・フリン
   +
東大で脳科学を研究されている
Dr.酒井邦嘉
   +
多言語の自然習得を実践している
ヒッポファミリークラブのメンバー
   =
『人間のことばとは何か』

という大テーマで、
共同研究がスタートします。

ワークショップは、
ヒッポの多言語活動を紹介し、
自然にことばを身に付けている私たちに、
どんなことが起きているのか・・・
高校生、大学生を中心に体験を話したり、
多世代でやるからこそ見えてくる、
人間の可能性についても触れていきます。

シンポジウムは、
先生方の研究について、
そしてこれからどんな方向で
共同研究がスタートしていくのか
その中身について迫っていきます。

ヒッポはこれまで、
ことばの習得を自然科学的に
研究、実践してきました。
どうして話せるようになるのか?
しかも楽しく、楽チンに。

そこにMITと東大が加わるのだから、
なんだか面白いことになりそうです。

難しいことではありません。

自分(人間)を知ることだから、
それは面白そうって思う。。。




2016-02-14(Sun)
 

メキシコからの手紙

Hola! Como estas?
Estoy muy contenta!

こんなふうに始まる
娘からの手紙。

声に出して読んでいると、
ものすご~く夫が驚いている。

読めるの?
うん。

わかるの?
うんなんとなく。

それって凄いよね。
ホントだね。

なんてことない会話ですが、
ぼんやりと全体がわかるっていう
この感覚は本当に不思議。

子どもたちは母語をこうやって
獲得していくんだもんね。

荷物と一緒に
こんなにたくさんの手紙が。。。

IMG_3195_convert_20160203160026.jpg


5か月経って
メキシコでの生活にも慣れ、
少しづつメヒカーナに
なってる実感もある。

でも時々思うの、
なんで私はここにいるんだろう?
自分はここに何しに来たんだろ?



自問自答している。

越えなければならいものが
一体何なのか・・・
気づいているのかいないのか?

もがいている姿がそこにある。



みんなから来た手紙を
2015年のもう使えない手帳に
挟んで持ち歩いている。

それだけで心強いの。
一人じゃないんだって。



もう胸がいっぱいになります。







2016-02-03(Wed)
 

以心伝心

以心伝心とは
本当にあるのかな。。。

以前にもスペイン語のことで、
アメリカにいる娘のブログと
時を同じくして
同じことを書いていました。
なんて書きましたが、

久しぶりに更新された
娘のブログにまたまた
同じことが。。。

私のタイトルは偏見でしたが、
彼女は友だちへの思いを書いてました。

娘は私のブログなんて
読んでいないので、
こんな時は本当に驚きます。


彼女の最近の様子も
わかりますが、
覗いてみて下さい。

http://hinam13.blog.fc2.com











2016-01-27(Wed)
 

今年の模様替え・・・

この家に引っ越して15年、
私は毎月のルーティーンのように
模様替えをやり続けていますが、

そろそろ変えたいものの中に
ダイニングテーブルとソファがあります。

どちらもかなりの大きさ。

そして夫の了解が得られなければ
ちょっとやそっとでは変えられない代物。

隙あらばと持ちかけることは
ちょいちょいありますが、
衝動的な判断をしない彼は
なかなかうんとは言いません。

その夫が、
中目黒を2人で散歩していて
たまたま見つけて入った
COW BOOKS で、
このテーブルいいね。
と言ったのです!

私は聞き逃すことなく
心でガッツポーズしながら、

そうだよね・・・
どうやって作る?
いつ頃やる?

超~具体的なとこまで
聞きました。

きっとやってくれるに違いない。

娘たちが帰国して来る頃は
我が家は6人家族になります。

一体ど~やって暮らす?
の質問にも、大改造だね。
と答えたのです。

ええ~そんなに思い切ったこと
してもらえるの!?
これは期待大です。

図面でも引きながら
妄想生活突入です。笑

COW BOOKSさん
ありがとう!

IMG_3122_convert_20160119132213.jpg


我が家にとっては
大きすぎるソファも
処分するらしい。

私たちがいない間に
このソファを処分したりしないでよ。

そう言い残していった
娘たちの勘は素晴らしいね。

抵抗勢力が帰ってくる前に
やってしまわないと。。。笑






2016-01-19(Tue)
 

偏見

いただいたデコポン。
甘かったな~。

IMG_2769_convert_20151224145942.jpg



我が家にホームステイ中の息子はLGBT。
私に知識があったわけでもなく、
縁があって我が家にやって来ました。

そこからのスタートがあっただけ。

一緒に生活している子どもたちは、
彼のパーソナリティーとして
いろんなことを受け止めていくから、
違いがあるということを、
知識や偏見が邪魔をすることはない。

お正月気分も抜けつつある日、
娘が朝のNHKを見ていたら、
お母さん!お母さん!
ラスムスと一緒~って呼ばれ、
慌ててTVに目を向けると、

その日の特集はLGBT。

ゲイ、レズ、トランスジェンダーの人が、
TV出演し自分のことを話していました。

真剣に見ていた娘が、
性同一障害ということばを聞いた時、

『え?障害なの・・・』

とつぶやきました。
そうだよね・・・

”ことばが偏見をつくっていく”

大きな責任を感じると共に、
子どもと朝っぱらから
真剣に話していました。

娘たちにとっては、
障害ではない個性であるだけ。

私たちは
彼がやって来たことで、
新しいことを知り、
自分になかった考えに
出会っています。

異なる文化、言語、考え、
違いにたくさん触れることは、
人間の想像する力を
育てることであり、

それは思いやりのある、
優しい人に成長していくということに
つながっているのだと思う。


だから違いがあるということは
大切なこと。。。


娘のおかげで
そんなことを考えた朝でした。













2016-01-08(Fri)
 

切手

娘たちから手紙が来たので、
それぞれにみんなから集めた
応援メッセージを送りました。

郵便局で記念切手を
選んでいたらあらびっくり。

和の食文化シリーズ
というものをみっけ。

IMG_2746_convert_20151219210151.jpg


アメリカに行った娘は
高校留学(YL)を経ているので、

英語を話すことが
楽しくてしょうがない。
勉強は大変だけど
やるしかないから楽しいんでる。
ホストファミリーと過ごす時間も
超~幸せ。

などなど。
彼女のブログを読むと
そんな様子が伝わってくる。

すべてYLという頑張った時間があるから
今の自分があると言い切っているから、
なんの心配もない。

メキシコに行ってる16歳は、
まだまだもがいてる頃でしょうね。

なぜそう思うかと言うと、
家族への手紙が長い!!
5枚も6枚も書いてくるのだから、
若干病んでる感じ?笑

日本に帰りたい
家族に会いたい
なんて思ってないのに、
時々涙が出てくる。。。

なぁ~んて書いてあるんです。

そんな娘にピッタリじゃない。
まるでとどめを刺すかのようでもあるけど、
なんかこの切手見たら
噴き出してしまいました。

ずらっと貼り付けて送りました。
さていつ届くやら。






2015-12-19(Sat)
 

娘からの手紙

メキシコにいる娘から
2通目の手紙が届きました。
日付はいつも一か月前。

私が出した手紙も
まだまだ届かないんだろうな。

それがメキシコ。笑

何枚書いてるんだろうってくらい
たくさん書いてありました。

IMG_2546_convert_20151130222906.jpg

今回驚いたことは、
最後に書いてあったスペイン語。

IMG_2564_convert_20151130222930.jpg

スペイン語を勉強したことは無いのに、
行って1か月ちょっとでこんなに書けるの?
凄いな~って感心しながら、

実はもっと驚いたことが、
うんうんそうなんだそうなだ・・・
と読みながら、

全部読めて全部わかる自分に、
ななななんで~と驚いたのです。

私自身もスペイン語のすの字も
勉強をしたことがなく、
本当にヒッポでやってるだけ。
それは遊んで真似して、歌っていただけ。

それだけなのに、
こんなにわかるんだ。。。

そのことに驚いてしまいました。

ホント。

娘は最後に、読めた?
まあ、わからなくてもいいです。
なんて書いてありましたが、

恐るべしヒッポ。
全部わかるよ~。


そしてそして、
アメリカにいる娘のブログを見て
もっとビックリ!

同じタイミングで
スペイン語の話題。
恐るべし親子。



http://hinam13.blog.fc2.com







2015-11-30(Mon)
 

みんな違う

スウェーデンから来た息子と
毎日いろんなことを話します。

彼が来るまでスウェーデンのことは
ほとんど知らなかったので、
もう驚くことばかり。

教育も政治も、
社会のあり方も、
日本とは違うことだらけです。

私はまだまだ子育てを
している世代なので、
一番心に残るのは、

みんな違っていいんだよ。

小さい時からずっと
言われているということであり、
スウェーデンではあたりまえなこと。

日本でもよく聞きます。
そんな歌もあったり、
詩になっていたり。。。

でもなんとなく、
日本ではそうなっていないから
あえて歌になっているような・・・

みんな同じ顔して、
同じことやって、
みんなと違うことをする、
目立つことをすることを、
極端に嫌う子どもたち。

そんな子どもたちを見ていると、
日本の学校は本当に
そんな子どもたちを
育てようとしているのかな。

のびのび生きていいんだよ。
自分らしく生きていいんだよ。
みんな違っていいんだよ。

心からそんなことを思う。










2015-11-25(Wed)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR