大人になること

いわさきちひろさんが1972年に書かれものです。
いくつかある展示室の入口にありました。紹介します。

088_convert_20110608195337.jpg

 大人になること

人はよく若かったときのことを、
とくに女の人は娘ざかりの美しかったころのことを、
なににもましていいときであったように語ります。

けれど私は自分をふり返ってみて、
娘時代がよかったとはどうしても思えないのです。
といっても、なにも私がとくべつ不幸な娘時代を
送っていたというわけではありません。

戦争時代のことは別として、私は一見、
しあわせそうな普通の暮らしをしていました。
好きな絵を習ったり、
音楽をたのしんだり、
スポーツをやったりしてよく遊んでいました。

けれど生活を支えている両親の苦労はさほどわからず、
なんでも単純に考え、簡単に処理し、人に失礼をしても気づかず、
なにごとにも付和雷同をしていました。
思えば情けなくもあさはかな若き日でありました。

ですから、いくら私の好きなもも色の洋服が似合ったとしても、
リボンのきれいなボンネットの帽子をわかいくかぶれたとしても、
そんなころに私はもどりたくないのです。
まして、あのころの、あんな下手な絵しか描けなかった
自分にもどってしまったら、これはまさに自殺ものです。

もちろん、今の私がもうりっぱになってしまっていると
いってるのではありません。
だけど、あのころよりはましになっていると思っています。

そのまだましになったというようになるまで、
私は二十年以上も地味な苦労をしたのです。
失敗を重ね、冷汗をかいて、
少しずつものがわかりかけているのです。
なんで昔にもどれましょう。

少年老いやすく学成りがたしとか。
老いても学は成らないのかもしれません。
でも、自分のやりかけた仕事を
一歩ずつたゆみなく進んでいくのが、
不思議なことだけれど、この世の生き甲斐なのです。

若かったころ、たのしく遊んでいながら、
ふと空しさが風のように心をよぎっていくことがありました。
親からちゃんと愛されているのに、
親の小さな欠点が見えて許せなかったこともありました。

いま私はちょうど逆の立場になって、
私の若いときによく似た欠点だらけの息子を愛し、
めんどうな夫が大切で、
半身不随の病気の母にできるだけのことをしたいのです。

これはきっと、私が自分の力でこの世を渡っていく
おとなになったせいだと思うのです。
おとなというものはどんな苦労が多くても、
自分の方から人を愛していける人間になることなのだと思います。



2011-06-08(Wed)
 

安曇野いわさきちひろ美術館~つづきのつづき~

安曇野いわさきちひろ美術館
中に入って行きましょう。

まず圧倒されるのがこの天井。
しばし見上げました。
中に入って行くのがもったいないような、私にはとても贅沢な空間でした。
このアーチ型の天井。
本当に美しかったです。
後で気づくのですが、この形が安曇野の山々のように見えるのです。
はじめに紹介した、ちひろさんの写真に偶然にもその形が写しだされています。

077_convert_20110606071748.jpg

どこも窓が大きく取ってあり、まるで大自然と一体化しているようでした。
室内にいるのに、自然の一部にいるような感覚です。

木の落ち着いたぬくもりある空間を進んで行くと、
また気づくことがありました。
美術館なのに“進路”という→がないこと。

097_convert_20110606071033.jpg

展示室はたくさんあるのですが、どこをどう見てもいいのです。
見なくてもいいのです。
休んでいてもいいのです。
そんな空間がいっぱいあるのです。

子どもたちを連れて、
こんな解放された気持ちになる美術館は初めてです。
みんな思い思いの場所で
絵を見たり、
ちひろさんの本を手に取ったり、
何かものを描いていたり・・・
それぞれの時間が流れていました。


ガラスの向こうに子どもたちが見えました。
何を話して、何を描いているのでしょう。。。
083_convert_20110606075231.jpg

ここは図書室です。
絵本がたくさんあります。
だれでも自由に読むことができます。
085_convert_20110606080646.jpg


中庭から見た図書室。
ガラスに誰か写ってますね。笑
096_convert_20110606081000.jpg


いろんなところに他の作家の作品を見ることもできます。
この題名は『洗濯女』
066_convert_20110606081428.jpg


ん?中を覗くと
065_convert_20110606081533.jpg
笑ってしまいました。


顔がほころぶような作品がいろいろ。
071_convert_20110606082015.jpg



075_convert_20110606082519.jpg


親子で楽しめるワークショップも開かれています。
この日は『ふわふわ綿の糸つむぎ』が開催されていましたが、
間に合いませんでした。残念です。
082_convert_20110606082756.jpg


その前に企画されたモビールが館内にぶら下がっています。
098_convert_20110606083213.jpg


ここは小さいお子さんが遊べるスペース。
可愛い椅子がいっぱいありました。
100_convert_20110606083604.jpg


もっともっとここに居たいな~というところでした。
展示室、渡り廊下、お庭、図書室、カフェテリア、ショップ・・・
見きれないものがいっぱいありました。

この美術館のコンセプトの中に、
敷居の高い美術館ではなく、だれもが憩える場でありたい。
子どもの疎外が大きな社会問題になっている今、
親と子が一緒に訪れることのできる場であり続けたい。
そんな願いがあります。

自然との共生は、今やあたり前のこと。
人に対してこんな目線の美術館があることに、
心から感動しました。
そして、ここを訪れた時から感じていた“感覚”が、
なんであったのかわかりました。

偶然のように立ち寄ったところでした。
でも私には必然だったのかもしれません。


まだまだ出会っていない人に出会いたい。
人を通していろんな世界を見つけていきたい。


多言語をやっていると
いつもこんな感覚を持っています。

この旅は、そんな日常とつながった旅でした。



2011-06-06(Mon)
 

安曇野いわさきちひろ美術館~つづき~

いわさきちひろさん
私は子どもの時に読んだ『窓ぎわのトットちゃん』の挿絵で出会っていました。
ちひろさんの説明っぽくない絵の世界が、
どこかこのお話とピッタリ合っているなって感じていました。

黒柳徹子さんは、ちひろさんにはお会いしたことがないそうです。
「小学校の話を書くつもりだったんだけど・・・」という徹子さんのお話に、
ちひろさんの息子さんが見せてくれたその絵は、
どの子も、学校にいた友だちそのままだったそうです。
徹子さんは、ちひろさんの絵に押されるように
『窓ぎわのトットちゃん』を書くことを決めたそうです。

そうだったんだ~。

絵を見ただけで“いわさきちひろさんの絵”とわかる
やさしく、やわらかい表現と技術。
私はその絵を、どんな人が書いているんだろう・・・
そんなふうに想像したことがありませんでした。
ここに来て、はじめて“いわさきちひろさん”という人に出会いました。

099_convert_20110605091209.jpg


そして、ちひろさんのこの文章に、
ただただ立ち止まってしまいました。
人生も半分生きた私に、
深く響くことばでした。
何度も何度も読み返しました。
『大人になること』


088_convert_20110605091451.jpg


少し忙しい日々を送っています。
なかなか中に入れませんが・・・つづく


2011-06-05(Sun)
 

安曇野いわさきちひろ美術館

昨日は神奈川の方で講演に呼ばれいていました。
横浜は大きな記念イベントが開かれていて、全ての学校がお休みのようで、
小学生もいっぱいいました。嬉しかったです。

私は月に一回、二回くらいはお話をする場をいただいています。
ことば=多言語を自然習得するお話です。
もう大きくなった子どもたちですが、
子どもたちの成長を振り返りながら、
 ことばがどうやって生まれてくるのか
 そして育っていくのか
そんな誰にも重なるお話を、私の体験を織り交ぜながらお話します。

でも昨日は講演前に誰にも言えない大アクシデントが発生!
誰にも言えないので、私の心の中だけにしまっておこうと思いましたが、
夜、ヒッポの仲間に会ったら思わずその一部始終を話してしまいました。
大爆笑でした。
一日まじめに過ごしていたので、私もみんなの顔を見ながら、
涙が出るほど笑ってしまいました。
日本語で話すのもなんなので、英語で話しましたが、
今思えば韓国語で話したらもっと面白かったな~と思います。
言語によって表現が微妙に違うのが面白いです。


さて安曇野に向かうことを決め、車を走らせましたが、
安曇野にはたくさんの美術館があり、どこも素敵。
到着時間が3時なので、時間的に選べるのはひとつ。

迷って迷って、いわさきちひろ美術館に決めました。
安曇野の一番奥のほうに位置していました。

アルプスの山々をバックに、広大な公園の中にありました。
到着した時はかなり雨が強く降り出していましたが、
車を降りただけで、あ~来て良かった~と、深く深呼吸しました。
来ただけでも満足でした。
そんな素敵な場所でした。
でも私の感動はそんなものでは終わりませんでした。。。

061_convert_20110603091219.jpg

063_convert_20110603091336.jpg

次回は中へ つづく

2011-06-03(Fri)
 

クラフトフェアまつもと~松本の街並み・つづき~

雨でなかったら、きっと一日中芝生に寝っ転びながら
遊んでいたであろう、あがたの森公園。素敵なところでした。
私は好きな物をゲットできたので大満足。

9時からスタートしたこの日、時計は2時になっていました。
さあ、この後はどうしよう?
クラフトフェアだけが目的だったので、ノープランでしたが、
安曇野まで足を延ばすことに。

松本を後にしようと車を走らせていると、
んんん~!!!
気になるお店発見。
ずいぶん過ぎたのに「やっぱり止まって~~!」
とUターンしてもらいました。
そういう時、夫は嫌な顔ひとつせず、
いつまで~も帰ってこない私を、子どもたちと楽しそうに待っています。

LABORATORIOというお店です。
043_convert_20110531214526.jpg

入る時なんだかわくわくしました。
1階は男性の洋服と、オーバル型の木製の箱や革製品が置いてありました。
木製の箱は高くて手が出せませんでした。カッコ良かったです。

2階に行くと女性の洋服や生活雑貨などがすっきり置かれていました。
私が好きで見る雑誌に、必ずってほど載っている料理研究家の方が、
お友だちといらしてました。
そのままの方でした。
きっとクラフトフェア目当てで、松本までいらしていたんだろうな。

そこで買ったスペイン製のコップとFOG RINEN WORKの鍋つかみを買いました。
119_convert_20110531220453.jpg

このコップは半径は普通の大きさですが、
高さが5センチくらいしかない面白いサイズのコップでした。


他にも寄り道したお店はありますが、
さあ、安曇野に向かいます。





2011-05-31(Tue)
 

クラフトフェアまつもと~街並み~

松本にはこんな感じのお家がいっぱいありました。
思わず車の窓から撮ってしまいました。

044_convert_20110531170228.jpg

こんなお家も。
思わず車から降りて撮りました。

046_convert_20110531170434.jpg

クラフトフェアの会場近くには宿舎のような建物も。
瓦がうねっていて、窓も傾いてるけど、カッコイイな~。

036_convert_20110531170809.jpg

ここも会場近くにあったお店。
マクロビオティックのお店です。
中は食堂になっています。混雑していました。

040_convert_20110531171012.jpg

ここでゲットしたものは、けんちん汁と玄米コロッケとおかゆパンでした。
すっごく美味しかったです。
039_convert_20110531173643.jpg

おかゆパンはもちもちしていました。
038_convert_20110531173851.jpg

~松本街編~まだまだ続きます。


2011-05-31(Tue)
 
プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR