ギターが弾けない

もしもピアノが弾けたなら・・・ではありませんが、
弾き語りする自分を妄想したのもつかの間、
なんだか身が入らない。。。
お恥ずかしい限り。



日曜日大きな公園でじゃんじゃか音をだして、練習して来ました。

朝までの大雨がウソのように晴れ渡り、
気持ちがいい一日でした。

「バンドやりたい人芝生広場に集合~!」という呼びかけがあったので、
♪も読めないけどなんだか楽しそう。
音楽もことばも似たようなもんだから、私もいけるかも。。。
青空がまた良かったのか、るんるん気分で出かけました。

ポットにコーヒー入れ、おやつを準備し、
大きなシートを持ち、レジャー用の椅子まで担ぎ・・・
私の準備はまるでピクニック。

集まって来た仲間たちは、みんな思い思いの楽器を持参していました。
ソプラノリコーダーや
まだまだ現役で使われている、
鍵盤ハーモニカ(私はメロディオンと呼んでいました)
トランペットやフルート、
電子ピアノにベース、キーボード・・・
打楽器もいろいろありました。

みんなキラキラした瞳で演奏し、
ちょっとづつ手ごたえを感じ、
なんだか上達していってるじゃな~い。


なのに・・・私と云ったら・・・。
身が入らない。



細かいことにこだわらなくていいよ。
その気になるってことが大事だよ。
ここだけ押さえたら、それだけで完璧だよ。

数々の励ましや、じゃ~んって出した音に、
「いいよ~!」と褒めてくれる優しい仲間たち。

・・・ん?

これって初めてヒッポにいらした方に、
私も同じようにアドバイスしてるし、
ひと言でも声に出せたら、心からスゴイ!!
と云っている。。。

初めて出会う音(ことば)に、
素直に耳を傾けること、
キチンと云えなくっても声に出してみることが、
どれほど大事なことで、
そこからどんなことばの世界が広がっていくのか。
大人が知らないことばを口にすることが、
どれだけ勇気がいることか。
自分の体験で知ってるから、

実感を持って“スゴイ”って思えるのです。


声に出すってことから全てが始まっています。

人とのかかわり。
想像や創造すること。




わかっているのに、わからんチンの私。
身が入らなかった・・・わ・た・し。


まるでヒッポ(多言語)に出会った時のわ・た・し・みたいでした。笑




関連記事
スポンサーサイト
2011-10-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR