拾ったもの

朝から韓国語を流しています。

私は韓国ドラマにも韓国アイドルにも興味はありません。
なので韓国語が話したい~!という欲求に駆られることもありません。
韓国語を話す動機がないのです。

でも一番馴染みのあることばであり、
たくさんある言語の中でも、一番わかることばになっています。

自然にそんなことになってしまうのだから、恐ろしい~。
ことばってそんなに難しいことではないってことです。

昨日我が家に来た娘の同級生が、
「韓国語話せる?」
と聞いてきたので、
「ネェ~ムロニジ~!アニョハセヨ」と話し始めようかと思ったら、
それだけで
「ギャ~~!!」と倒れそうになっていました。





ゴミ捨て場にあったモノを拾って来ました。
子どもたちは「ええ~拾って来ちゃったの!?」と
騒いでいましたが、何かに使えるかもしれません。
何に生まれ変わるかは・・・わかりません。

IMGP3983_convert_20111013131638.jpg



我が家には新しいモノがあまりありません。
古道具屋で見つけたモノだったり、
フリーマーケットで見つけたモノだったり、
縁あって我が家にやって来たモノばかりです。


ずいぶん前になりますが、
近所のお宅で古い家具が玄関先に出ていました。
そのお宅は知り合いでも何でもありません。


一度目はただ通り過ぎ。
もう一度はしばらく黙視。


人の敷地なので、門がないとはいえ、
一歩踏み込むには勇気がいります。
でもど~~しても気になる。

家の前にいるだけでも怪しい人なのに、
今度は触ってみたいという衝動にかられ、

たたたたっと忍者のように、
足早に敷地内に入り、古い家具にタッチ。

まぁこんなバカな行動を繰り返しながら、
何度そのうちの前を行ったり来たりしたことか。。。

私の怪しい行動を夫に打ち明け、
ど~~~しても一緒に見に行って欲しいとお願いし、
今度は夫を連れだって夜中の訪問。

ガラスの付いた本棚と、引き出しの付いた低い収納棚。
どちらも見たところ、昭和初期のモノ。
色も形も我が家にピッタリ!


もう我慢が出来ず、翌日には思い切ってそのお宅を訪ねてみることに。
ドキドキしながら「ピンポ~ン」
玄関先から出ていらした奥さまは優しそうな方でした。

私は単刀直入に、
“もし処分してしまうものならば、譲っていただきたい”
と申しました。


云ってしまいました。。。


優しそうな奥さんは、にっこり笑って
「どうぞ~良かったわ。明日粗大ごみで、引きとりに来るところだったのよ」
と快くその古い家具を譲って下さったのです。


思い返せば楽しい出来事でした。











関連記事
スポンサーサイト
2011-10-13(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

分かるは~! どうにも抑えられない、その感じ!
我が家にも、そんなこんなで、昭和初期の学習机が4つもあります。
困ったものです。。。v-40
2011-10-13 23:41 | ふみちゃん | URL   [ 編集 ]

学習机が4つ!?ってどんな使い方してるのかな~。
実は我が家にも2つほどあって、長女の机の土台になっていたり(その上に板を乗せています)、ベランダの花台になってます。
2011-10-17 08:26 | じんこ | URL   [ 編集 ]

1つは私のパソコンのデスク、もう1つは足を短く切ってテレビ台に…
あとの2つはトランクルームに…
あー無駄だと分かっているけど捨てられないi-195e-259
2011-10-17 22:31 | ふみちゃん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR