欄間

小学校2年生の末娘は「5年生になったらロシアに行く!」と張りきっています。
娘とロシアにホームステイしたのは、1歳を迎えた時だったので、
彼女の記憶にはないような気がするのですが、本当はどうなんだろう?

ロシアの話をする時、娘は「ロシアのママ」「ロシアのおばあちゃん」と云います。
話しているうちに、本当は記憶にあるのかな?
それとも私が話していることばが、まるで自分のことばのようになっているのかな?
よくわからなくなる時があります。

ロシアで過ごした数日間は、一日一日が忘れられない思い出です。
ホームステイで過ごすということは、その国を外側から見るのではなく、
内側から見ること、感じることでした。

自分たちで野菜を育て、保存食を作り、
無駄なものは持たずに、必要なモノだけ買う。
残ったモノは瓶に詰め、ラップは見あたらなかった。
ゴミが全然出ない生活。
娯楽は何ひとつないけれど、小さいキッチンに
いつも近所のおばあちゃんが集まってお茶をしていました。

ロシアの人たちの生き方が素敵でした。

もう一度行ってみたい国ロシア。
娘の方が私より早く実現するのかな。。。

ロシア語を流していると、私にとってその声は
懐かしいマーマチカの声であり、バーブシュカの声。。。
ロシアの台所の匂いも、
バーブシュカが作ったボルシチの味も、
忘れることは出来ない。。。



週末に面白いことがありました。

私のブログを見ている友人が、お家を建て直すので
古い家具の処分をする前に、連絡をくれたのです。

嬉しかったです。

大きなモノを引き取れるわけでもありませんが、
どんなモノがあるのか、ど~~~しても見たくて、
無理を云って押しかけました。

友人は「期待しないでね」と云ってましたが
見る前からワクワクしました。

ほこりのかぶったものが、私には宝の山!
いくつかいただいて来ましたが、

あれも良かったな・・・
あ~あれも良かった・・・

と帰って来てからもぶつぶつ。。。
どんなに素敵な素材やデザインでも、
人と一緒に年数を重ねたモノには、敵わないのです。
そして、どこに置いてもしっくり納まる。
本当にスゴイです。


早速、いただいた欄間を壁に掛けてみました。
どうかしら?



IMGP3928_convert_20111002213814.jpg











関連記事
スポンサーサイト
2011-10-02(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

あっ、あの欄間だ!

早速、欄間を生かしてくれたのですね。

嬉しいなぁ~。
あの埃をかぶった品々は、あの家の前の家のものと思われます。だって、私の育った中の記憶にも同じように埃をかぶって隅に置かれていた品々でしたから・・・

じんこさんの手にかかれば、あの欄間も、模様替えの度に新しい生かされかたをするのでしょうね。

ますます、ブログ訪問が楽しみになりま~す。


心残りがあるのならご連絡ください。まだ、大丈夫!!
2011-10-03 21:14 | ブログを読んでる友人 | URL   [ 編集 ]

ありがとうございます!
ブログがきっかけで、思いがけない品々に出会えて感激でした。
古い家具や品々は“巡り合わせ”でしか出会えないので、大切にしますね。
2011-10-04 10:11 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR