『多言語』

『多言語』


このタイトルで授業をしてきました。


区内の中学校で、
2年生、3年生を対象にした
選択授業です。

土曜日の公開授業でもあったので、
保護者や一般の方の参観もありました。

50分の授業でしたが、

●人間にとってのことばについて
●誰でもどんなことばでも
 話せるようになる
●多言語を話すってことは?

そんなことを柱に、
私の体験を交えながら
お話ししました。
もちろん多言語も使って。


子どもたちの感想は・・・


〇今までの知識をくつがえされました。
〇ことばは発音や知識ではなく、 
 心で通じあうものだと知り、 
 素晴らしいものだと思いました。

〇ことばの力は凄いなって思いました。
〇いろんな言語に挑戦してみたい。

〇ことばひとつで人を笑顔にしたり、
 悲しませたりするんだなと思いました。
 ことばは人を助けることもできるのかな?
 と考えました。ことばを大切にしようって思いました。

〇話の途中で身振り手振りをしたり、
 別の言葉を入れたりして面白かった。
 先生に欲しいくらいです。

〇守屋さんすげー!

これには笑ってしまいましたが、
子どもたちの心に少しでも届いたかな。

こんな機会をもらえたことが
とても嬉しかったです。

でももっと嬉しいのは、
子どもたちがことばに興味を持ち、
自分の可能性や自分の未来を
前向きに想像していること。


以前娘に言われた、

『お母さん、ヒッポの活動は、
 人間にとって大切なことだから頑張って』

そのことばがまた私の胸に
響き渡りました。








関連記事
スポンサーサイト
2017-09-12(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR