受け入れ

IMG_1522_convert_20170804065952.jpg

歓迎の看板を書いてくれている次女。


韓国高校生の受け入れが
終わってからだいぶたってしまいました。

でもやっぱり受け入れは
いいですね。

いろんなことを考えるし、
いろんなことを話せます。

70人の学生がやって来て、
30人の学生がホームステイを体験。
40人の学生はヒッポの交流会へ。

みんな同じような髪形をして・・・
みんな同じようなメガネをして・・・

これが韓国の流行りなのか?
3年前の受け入れの時も同じだった。

やはり髪型もメガネも
学校指定なのか!?



今回もそんな楽しい衝撃から
スタートしました。

でもみんな純粋で
いい子たちです。

彼は日本に来るまで、
日本に興味をもったこともなかった。
日本にいいイメージもありません。
そういう教育を受けてますから・・・と。

ここだけを切り取ったら
ちょっと悲しいね。

でも受け入れは違う。

一緒にご飯食べたり、
自転車乗り回したり、
家族のように過ごしながら
自然とそんな話をしている。

そこに人としての
体温を感じながら話すから、
悲しさはない。

『そうなんだね』

そんなひと言が出てくる。

彼は日本人は韓国のこと
どう思ってますか?
そんな質問をしてきました。

日本はね、
歴史をそんなふうには
教育されていないんだよ。
ドラマやKポップのおかげで
韓国を好きな人もいっぱいいるよ。

彼も同じように
『そうなんだ・・・』

とつぶやいてました。

こうゆう瞬間が
とっても大切なことだと思う。



暑すぎる日に、
家族そろって
自転車で吉祥寺へ。

毎日勉強ばっかりしてる子が、
ひたすら自転車を漕ぐ。
行きも帰りもひたすら漕ぐ。

途中でアイスを食べる。

IMG_1642_convert_20170804070157.jpg


我が家らしい過ごし方をして
3日間を終えました。













関連記事
スポンサーサイト
2017-08-04(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR