模様替えをしました!

今流れているのはイタリア語。
イタリア語はスペイン語によく似ているから、
耳を澄ましていると、意味までわかっていく感じが面白い。

こんなにわかっているの!?

という自分にビックリしながら、
この“わかる”という感覚が=ベラベラに話すということとは少し違うようです。

この夏、私の小さな街からも台湾、韓国、メキシコ、ドイツ・・・と、
ずいぶんいろんな国へ青少年たちを送り出しました。

人前で声を出すのも恥ずかしがっていた子
自信がなくて家族から離れられない子
遊びまわって落ち着きのない子
どの子も愛すべき個性を持った子どもたちです。
どんな子もたくさんの仲間から、愛情をいっぱいかけてもらって成長して来ました。

愛情をかけるということは、
ベタベタすることでも、手をやくことでも、
やたら褒めまくるということでもありません。



同じ空間に居ること
同じものを見ること
誰かの話しに、一緒に耳を傾けること
笑顔で居ること
気にかけること



その中で子どもたちは、本当に伸び伸びと育って行きます。
自分を信じられるようになり、相手を信じるようになります。
難しいことではなく、信頼関係を築くということです。


そんな子どもたちが、泣いたり笑ったりしながら、
自分の力だけでホームステイをやり切って来るのです。
そして、自分を受け入れてくれたその国の人たちを、

“私の家族”
“僕の家族”

とみんなにたくさんの写真を見せながら話してくれるのです。
それだけで胸がいっぱいになります。


どの子も口をそろえて言うことがあります。
「ことばには困らなかったよ」

・・・

はじめは思うようにはその国のことばは話せないけど、
みんなの話していることはだいたいわかる。
だいたいわかるから、答えることが出来る。
答えながらその国のことばになって行く。
ここまで来れば、気分はベラベラです。

こうやって子どもたちは生きてきたんだな~。


この“だいたいわかる”という不確かな感覚が、
ことばの想像力の原点であり、
ことばを育てるもっとも大切な土台なのかもしれない。

外側から見ていたら、気づかない現象も、
自分の“わかる”という体験に重ねてみたら、
実感を持ってわかって来た。

わかるってことはスゴイこと!!



さて、お盆に入ったといっても、夫はまだ休暇にならず。
下の娘たちはおばあちゃんのところへ短いお泊り。
長女は図書館へ。
私のやることといったら模様替え。

家具を動かすことは,なんて事のないこと。
でも引き出しの整理や、奥に何が入っているんだかわからない棚をひっくり返すことは、
本当~~~に勇気がいること。

実は私、
すき間があればなんでもそこに物を押し込みたくなる習性があるのです。
そしてそのすき間には、何が押し込まれたのか記憶を辿ってもよくわからないのです。

片づけなければならないことはよ~くわかっているのだけれど、
それが難しい。
できればいじりたくない。

そんな葛藤がありましたが、整理ダンスが収まっているクローゼットの中身を
全て引っ張り出しました。
少し前に洗面台の下を片づけたら、ゴミ袋がいっぱいになるくらい、
処分するものが出てきましたが、今回はゴミ袋3つ分!

人間とはゴミと生活しているんでしょうか。。。

見えないところもやってしまえば気分スッキリです。
でもこの作業に一日かかってしまいました。

家具を動かすことはあっという間です。

IMGP3039_convert_20110816113357.jpg


子どもたちの部屋の入口

IMGP3033_convert_20110816113555.jpg


私の机はよく陽が当たるところへ。

IMGP3025_convert_20110816113820.jpg







関連記事
スポンサーサイト
2011-08-16(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

愛情をもらうということ。。。

ムイ ドーチカ マナティーもロシアから元気に帰ってきました。
ロシアの話をする時に「ウチのボルシチはね~」とか
いつも、話の前にウチが付くのが面白い!
その時確かに、この子はロシアの子供だったんだな~って
本当に嬉しくなります。
じんこの言葉
同じ空間に居ること
同じものを見ること
誰かの話しに、一緒に耳を傾けること
笑顔で居ること
気にかけること

のように、ロシアで愛情いっぱいかけてもらってきたんだろうなと。。。
2011-08-20 20:42 | ふみちゃん | URL   [ 編集 ]

愛情をもらうということ。。。

ムイ ドーチカ マナティーもロシアから元気に帰ってきました。
ロシアの話をする時に「ウチのボルシチはね~」とか
いつも、話の前にウチが付くのが面白い!
その時確かに、この子はロシアの子供だったんだな~って
本当に嬉しくなります。
じんこの言葉
同じ空間に居ること
同じものを見ること
誰かの話しに、一緒に耳を傾けること
笑顔で居ること
気にかけること
のように、ロシアで愛情いっぱいかけてもらってきたんだろうなと。。。
2011-08-20 20:46 | ふみちゃん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR