娘のお弁当

高校2年生の娘の
お弁当のことは、
以前も書きました。

毎朝起きるとすぐに
台所に立ち、
冷蔵庫をのぞきながら
あれこれと料理が始まる。

でも昨夜は早々と、
明日はお弁当を作らない。
と宣言。

たぶんメキシコ料理を
作るために早起きして
豆を煮たり、
さんざん料理をした
夜だったので、
そんなことを言ったのかも。

ふ~んと聞いていたけど、
朝になりいつもなら起きない私が、
今朝はお弁当作ってあげようかな。。。

布団の中で考えていると、
いつもより早く起きて、
いつも通りお弁当を作り出したので、
余計な手出しはやめておこうと、
私はそのまま布団の中。

出かける娘に、
やっぱりお弁当作ったんだ。
と聞くと、
なんだかね~作っちゃった。
と笑いながら、
私に写メを送ってくれた。


IMG_9158_convert_20170209145440.jpg


いつも通り美味しそう。

自分のために作っている
お弁当ですが、
娘の周りには
そのお弁当を楽しみに
している友だちがいるよう。

おすそ分けしながら
楽しく食べているらしい。

学校から帰って来ると、
決まってお弁当の話をする。

メキシコから帰って来て
7ヵ月ちょっとが経つ。

普通の子なら
日本食を食べてるうちに
10キロくらいすぐに
体重が戻ってしまうのに、

なぜか我が子は
メキシコの体重を維持してる。

そんなに食べている訳でもなく、
生活リズムもきちんとしてる、
運動もしている、

なのになぜ??

こればかりは謎ですが、
大きくなった娘が
可愛らしくて仕方ない。

そしてお弁当のおすそ分けを
喜ぶ顔が見たくて、
毎朝台所に立っているのだろう。

誰かを思いながら作る食事。
誰かを思い出しながら
育っていくことば。

両方ともとっても素敵。






関連記事
スポンサーサイト
2017-02-09(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR