娘が帰国して。。。

娘が帰国していろんな事が起きてるのに、
随分時間が経ってしまいました。

書きたいことはいろいろあったのに。。。

ことばにしておかないと、
無かったように通り過ぎてしまいますね。

今私は病院のベッドの中です。
強い腹痛で緊急入院となりましたが、
痛みも和らいできたので、
ちょっと書いておこうかな。



娘が空港のゲートから姿を見せた時、
やっぱり感激でした。。。

大きくなった体を抱きしめ、
というより思いっきりハグされ、
その存在に圧倒されるような感覚と、
よくやり切ったという安堵の気持ちと、
ことばにならないものがありました。

あれは空港の出迎えでしか
味わえない特別な時間。

彼女から出てくる言葉は、
全てスペイン語。

日本語は理解できるのに
口から出てくるのはスペイン語。

その現実に多少戸惑いながら、
スペイン語しか出てこない現実も
楽しんでるような、
みんなを巻き込んでいくような、
熱量が彼女にはありました。

これまで様々な出迎えをしてきましたが、
こんなことも初めての体験。

16年間日本で過ごし、
日本人として大きくなってきた子が、
たった10ヶ月でどうやって
メキシコ人になるのか。。。

血も心も入れ替わってしまった。
そんな表現がピッタリな感じでした。

ヒッポで送り出すプログラムは
つくづく凄いなって思いました。

決して平坦な毎日でも、
笑顔でいられる毎日でもなかったはず。
どんなふうに乗り越えてきたのか、
どんなふうに自分を見つめてきたのか、
どんなふうに愛されてきたのか、
聞かせて欲しいことは
まだまだたくさんあります。

あっという間に学校生活が始まり、
あっという間に当たり前な毎日が
繰り返えされる日々だけど、

その合間に溢れる言葉の中に、
彼女の生きてきた証が刻まれています。

もっと聞いていたい。
もっと聞かせて欲しい。

体験は宝物。
本当にそう感じる。












関連記事
スポンサーサイト
2016-07-19(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

じんこ、びっくり!しました。いつも元気なじんこが、、、 たまには休めということですね。休み時間を大切に過ごしてね。
2016-07-20 16:47 | Beaver | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR