入学式

入学式から2週間。

毎日、毎日、生き生きと
今日も楽しかった~と
帰って来る娘の姿に、
日々の充実ぶりが伺えます。

新しい環境への不安より、
新しく始まるもの
新しく出会うものに、
わくわくしてる様子が
伝わってきます。

小学校の6年
中学校の3年
高校の3年

受験の大変さ、
変化の大きさに、
大人が先回りして
しまいがちですが、

この切り替わりが、
あの年ごろの子どもたちに
大きな意味を
もっているのだと
子どもが教えてくれている。

伸び伸びと
変化していく姿に
私もたくさんのことを
学んでいます。

だから毎日が楽しい。

入学式の祝辞に
こんな話をしました。

我が家には、
日本に留学で来ている、
高校生がホームステイしています。
家族の一人として生活して
もう7か月が経ちました。

言葉の違いや文化の違い、
考え方の違いは沢山あります。
もちろん衝突することもあります。

自分との違いにだけに
目を向けていると、
苦しいと思うことが
いっぱいあります。

でも彼がやって来たことで
新しいことを知り、
自分になたっか考え方に
出会っています。

違いがあるということ、
人との出会いがあるということは、
自分の世界を広げてくれることであり、
とても豊なことなんだって感じています。

今日ここで出会った仲間たち
一人一人がみんなにとっての
そんな大切な存在に
なっていくと思います。

隣の人を大切にできる、
隣の人の言葉に耳を傾けられる
人であって下さい。

そんな話をしました。

私は私の中にある
等身大のことばでしか
表現できませんが、

新しいことにドキドキしている
子どもにも大人にも、
届いたらいいいなという
気持ちで話しました。

・・・

でも舞台裏はひどいもので、
ぎりぎりまでロシアの受け入れはあるは、
打ち合わせは次々にあるは、
かといって夜は眠くなるは・・・

自分に向かう
時間が全然取れない。。。

入学式前夜に、
絶対これを終えてから寝る!
と決めたのに、
パソコンに向かったら

恐ろしいことに
眠気が襲ってきて
どうにもならない状態に。。。

ヤバいと思いながら、
寝ることに。

もし朝起きれなかったら
祝辞ど~~する・・・
そんな不安もありましたが、
どうにも頑張れないので
仕方ありません。

で、4時に起きました。
起きれたことだけで
100点。

なわけっ。。。

真面目に、
自分の中に今あること
そのことだけに
正直に向かってみる・・・

受け入れを特別なことと
思うのではなく、

その毎日から
学んでいることは、
子育てであり、
家族とはであり、
人間とはです。

自分の経験は
嘘でない本当のことを
教えてくれている。

ヤバい朝でしたが、
気持ちをスッキリさせて
入学式に迎えました。










関連記事
スポンサーサイト
2016-04-20(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR