アルバム

メキシコいる娘から
数か月ぶりのメールがきました。

小さいころの写真を送って下さい。
という短いお願いメール。

我が家のアルバムは
昔ながらの大きな分厚いもので、
子どもが生まれてからの冊数は
36冊を超えています。

デジカメに切り替えてから
ピタッと止まってしまったので、
便利になるということは、
失っていくものもあるってことですね。

ちょっと寂しい。。。

丁寧に切り貼りなどしながら
その時々の感動や楽しさが
溢れているアルバムです。

もちろん夫が作成してます。

それこそ数年振りに
アルバムを開いてみると、
昨日のことのように
思い出される出来事ばかり。

我が子だから可愛く見えますが、
結構すごいです。
こんなの見て喜ぶのは
親だけです。笑

懐かしい写真を1枚。

これは娘が3才くらいに
履いていた下駄。

IMG_4371_convert_20160419144838_convert_20160419151112.jpg


1年でこの量を
履いていたなんて
オドロキです。

外で遊ぶ時も
お出かけする時も
いつも下駄で、
履きつぶしていました。

これでジャングルジムだって
器用に登っていました。

野方のアパート暮らしを
していた時代なので、
子どもは朝から夕方まで、
とにかく毎日近所の子と
外で遊びまわっていました。

子どもにとって外は、
無限に広がる遊びの空間であり、
仲間を見つける場であり、
痛みや優しも味わう大切なところ。

子どもの声を聞きながら
過ごした毎日が懐かしい。。。









関連記事
スポンサーサイト
2016-04-19(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR