3月3日

一年ぶりのお雛様。

IMG_3386_convert_20160303090624.jpg


アメリカの娘にも
写真を送ったら、

そんな季節だね。
日本て素敵だね。涙

そんなメッセージが
送られてきました。

当たり前の毎日や、
当たり前と思っていた
日本の四季折々の行事が、

日本の伝統、
日本人としての心を
育ててくれていたんですね。

当たり前から離れてみて、
気づいていく子どもたち。

当たり前といえば、
今日、夫が心臓の手術を終えて
退院してきます。

4時間も手術室の前で、
(前にはいませんでした。
スタバでコーヒー飲んでました)
待っているのは不思議な気持ちでした。

健康と思ってこれまで
過ごしてきたから。

当たり前に動いていた心臓のことも
当たり前ではなかったんだな。

睡眠時間が取れなくても、
お休みがとれなくても、
どうしてそんなに頑張れるの?

家族も麻痺してしまうくらい
当たり前に働いてきましたが、

もちろん組織人としての責任や
人との繋がりが原動力であることは
間違えないけれど、

そんな理屈ではなくて、
本当は家族がいるから
頑張れるのかな。。。

娘たちも、
なんのために今、
自分がここに居るの?

将来のためにとか、
夢を実現するためにとか、
本当はそんなこと
考えてないかも。

家族が居るから、
人との繋がりがあるから、
ただ頑張れる。
それだけかもしれない。

。。。


病院室から
手が届きそうなところに
見えていた東京タワーも
今日でお別れ。










関連記事
スポンサーサイト
2016-03-03(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR