多言語+脳科学

お知らせです。

一般の方はどちらも
申し込みが可能です。

IMG_3222_convert_20160214014011.jpg


2月15日(月)
AM10:30~13:00 ワークショップ

2月18日(木)
PM19:00~21:00 シンポジウム

どちらも会場は
オリンピックセンター小ホール


多言語を研究されている
MITマサチューセッツ工科大学の
Dr.スザンヌ・フリン
   +
東大で脳科学を研究されている
Dr.酒井邦嘉
   +
多言語の自然習得を実践している
ヒッポファミリークラブのメンバー
   =
『人間のことばとは何か』

という大テーマで、
共同研究がスタートします。

ワークショップは、
ヒッポの多言語活動を紹介し、
自然にことばを身に付けている私たちに、
どんなことが起きているのか・・・
高校生、大学生を中心に体験を話したり、
多世代でやるからこそ見えてくる、
人間の可能性についても触れていきます。

シンポジウムは、
先生方の研究について、
そしてこれからどんな方向で
共同研究がスタートしていくのか
その中身について迫っていきます。

ヒッポはこれまで、
ことばの習得を自然科学的に
研究、実践してきました。
どうして話せるようになるのか?
しかも楽しく、楽チンに。

そこにMITと東大が加わるのだから、
なんだか面白いことになりそうです。

難しいことではありません。

自分(人間)を知ることだから、
それは面白そうって思う。。。




関連記事
スポンサーサイト
2016-02-14(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR