講演会&ワークショップ

IMGP6827_convert_20150605051735.jpg


私が住む豊島区でも
『親子で参加できるわくわく講演会&ワークショップ』
を開催します。
会場は学習院大学の百周年記念会館。
大きなホールではなく、
会議室をお借りして。

日時は、
6月20日(土)AM10時~11時半
6月23日(火)AM10時~11時半

お申し込みは、
ヒッポファミリークラブのホームページ
から申し込めます。

20日の講師は、
ヒッポメンバーの大学生。

多言語をやるとなぜ
どんなことばも育つのか、
その事実がわかりやすく、
自分の体験をもって話してくれます。

英語もフランス語も
スペイン語もイタリア語も、
そんなに違いはない。
音で入ったことばだから、
あとは見つけていくだけ。
読み書きも一緒。
決して難しくはない。

そこには努力とか、
頑張ったなんて時間はない。

彼女の話に耳を傾けていたら、
やっぱり英語だけをやるなんて、
もったいないんだなってことと、
自分のとって遠いなって思っていた
フランス語も案外近かったということに
気づかされました。

ミュージシャンの坂田明さんが
ヒッポにやって来ると、
サックスを演奏しながら、
いろんな話をしてくれます。

彼は世界中を渡り歩く
ミュージシャンであり、
ミジンコを研究する研究者。

坂田さんは私たちに、
言語がたくさんあることは、
感情表現がたくさんあるということ。
ことばをもつということは、
表現をたくさんもつということだよ。

そう話してくれました。

多言語を話すということは、
広い世界を豊かに生きること。
彼女の姿から伝わってくる
メッセージと重なっていく。

当日が今から楽しみです。












関連記事
スポンサーサイト
2015-06-05(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR