いつかイタリアへ…

今夜、娘と同期でイタリアへ留学した子が
我が家にご飯を食べに来ました。

ヒッポの子なので
お互い気を使うこともなく、
すぐにいろんな話ができて、
なんとも楽しい時間です。

ご飯を食べながら、
久しぶりにイタリアの話を
いっぱい聞きました。

私もいつか行きたいイタリア。
もちろんホームステイで。

こんなふうに云い続けていたら、
いつか行けると思ってる私…

『以前来た時と全然違うね~』

模様替えに反応してくれることは、
何より嬉しい。。。

我が家に来る人は、
以前どんな配置だったか
覚えている人が多い。

あれ?これはこうで、
これはこうだったのに…と、
すごく具体的に覚えてることに
オドロキますが、
あ~その頃に来たんだ~と思い出す。

イタリアのお家の
写真も見せてくれたけど、
日本のように上から部屋全体を
照らすような照明はない。
所々に間接照明があるのみ。

かなり薄暗いけど、
部屋の中に陰影があって、
すっごく素敵。。。

そういえば、
アメリカもメキシコもロシアも
みんなそうだった。

ホームステイに行くと、
昼間でも夜でも
均一な明るさではなく、
光と影を感じながら
過ごすことが多い。

そして夜は、
わずかな明かりで過ごす。

人間の生活にとって
明かりは欠かせないものだけど、

自然に射す光の中で、
時間を感じたり、
薄暗い中で、
心も体を休めていったり…

時間の過ごし方と明かりは、
大きく関係していると思う。






関連記事
スポンサーサイト
2015-05-20(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR