新しい家族 

生きものを育てることは
とても責任のあること。

マンション暮らしの我が家では、
ちょっと想像できないな…

ずっとそう思ってました。

小さい頃は犬も拾ってきたし、
鳥も飼っていたけど、
子どもだった私は、
とても無責任でした。

だからかな…
我が家で生きものを飼うなんて、
ダメ。絶対あり得ない。

子どもたちの中にも、
うちは無理。
絶対許してはもらえない。
そう思っていたと思います。

それが、
ある時家に帰ったら、
古い鳥かごと、
生きた鳥がいるのだから、

子 『どどどうしたの?』
親 『私たちもよくわからないんだよね~』

子 『えええ?そそそそんな?』
親 『ん~特に理由もなく、
  こんなことになった…みたいな?』

子 『ええ?ホントに!?』

嬉しいんだけど、
現実を受け止めきれず、

『ちょっと待って。ちょっと待って。』
を繰り返してました。

笑ってしまいますが、
最初の反応はそんな感じでした。

生まれて2カ月のせいか、
それとも個性なのか、
家族みんなによくなつき、
とにかく穏やか。

いつも誰かの肩か、
頭の上か、
お腹の中で眠っています。

IMG_0063_convert_20150407221103.jpg


IMG_0101_convert_20150409231822.jpg


IMG_6907_convert_20150409231734.jpg


IMG_0039_convert_20150409231941.jpg


IMGP6311_convert_20150409232046.jpg


我が家は誰もいなくても
多言語のCDが流れているので、

多言語を一番聴いている『人』ではなく、
『鳥』になるんだな~。





関連記事
スポンサーサイト
2015-04-10(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

多言語を浴びるインコ!!!

好きなフレーズ歌いそうだね(^O^)
2015-04-10 22:58 | くっちゃん | URL   [ 編集 ]

これはコザクラインコなので、
歌わないんだよね~。

でも誰もいなくても多言語が流れてるから、
家の中が空っぽでも寂しくないかも。

娘たちが小さい頃よく言ってました。
『お母さんちょっとお買い物に行ってくるけど寂しくない?』
『うん大丈夫。CD流れてるから。』って。笑

2015-04-22 08:25 |  | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR