ロシアの受け入れ

今夜いつものヒッポに、
ロシアの16歳の男の子がやって来ました。

メンバー宅に2週間のホームステイ。
今日が初日です。

疲れてるかな?
緊張してるかな?
どんな子かな?

楽しみに待っていると、
と~っても素敵な子がやって来ました。

なんだろうこの感じ…

話しかけたくなる。
そばにいたくなる。

ロシア語、英語、日本語…
何語で話しかけても、
説明のない遊びを始めても、
しょ~もない質問をしても、

なんでも受け入れてる感じ。
嫌そうでもない。
無理してる感じもない。

とにかく自然体。

初めて会う人に対して、
こんな姿勢でいると、
みんなが嬉しくなるんだ。
一緒にいたいと思うんだ。

愛されるってこうゆうことなのかな。

日本に初めてやって来た
16歳の男の子に、
みんなは何を学んだかな。。。







関連記事
スポンサーサイト
2015-03-19(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR