国際理解授業

3学期に国際理解授業の
依頼が多いのですが、
今年もお隣の区とお隣の小学校から
依頼がありました。

先月はお隣の区の
小学校5年生。

今日はお隣の
小学校の2年生。

ことばに対しても
人に対しても
やわらかかったです。

世界のことばのあいさつや
多言語クイズ。

IMG_0029_convert_20150303213607.jpg


高校生の体験談。

IMG_0032_convert_20150303214410.jpg


どんどん話しかけ、
いろんな質問をしてくる
子どもたち。

IMG_0054_convert_20150303213733.jpg


世界一周パスポートを持って、
いろんな国のことばであいさつ、
そして自己紹介。

KIMG0734_convert_20150211103645.jpg



子どもたちの感想で一番多かったのは、
“世界のことばをいっぱい話せて楽しかった”

クイズやゲーム、ダンスなど、
楽しいことはいっぱいあったのに、
低学年のこどもたちと思えない
感想ばかり。

世界にはいっぱいの言語があること、
そのことばを大切にしていこう。
そのことばを話してみよう。
きっとわかりあえる。
きっと仲良くなれる。

そんなメッセージが
届いたのなら嬉しいな。

オリンピックまであと5年。
私たちが出来ることは、

まだまだいっぱい
あるのかもしれない。。。







関連記事
スポンサーサイト
2015-03-03(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR