親子参加型の講座を終えて

先日、南柏で開催された、
親子向け講座には、
新しい方、ヒッポメンバー、
赤ちゃん連れから、シニアまで
たくさんの方が参加されました。

『親子で参加できるワークショップ』
というタイトルで3日間開かれた講座でしたが、

日曜日開催だったこの会は、
じっくりお話しを聞いていただくという設定でした。

講演を頼まれる時は1時間で
お願されることが多いのですが、
この日は40分という設定。

なるべく急ぎ足にならないように。
小学生でもわかることばで。
そして参加した人が、
わくわくした気持ちになって帰れるように。

心がけたことはそんなことです。

主催をする人や、
そこに集うメンバーたちは、
この話を誰かとシェアしたいと思って、
家族だったり、
同じファミリーの人だったり、
身近な友達だったり。

以前の私もそうでした。

ことばって面白い。
でも自分ではその面白さを伝える
ことばも体験も少ないないから、
講演会みたいな場がある時に、
声を掛けたくなる。

一緒に聞いて、
見つけたこと、感じたことをシェアすると、
いつの間にか自分のことばになって、
体の中に落ちていく。
新しい自分にも出会っていく。

この日も、
そんな場面がいっぱいありました。

妻や子どもはヒッポを楽しんでいるけど、
その中でお父さんだけが、
自分はいいよ。関係ない世界。
と自分を守っていたけど、
今日の話を聞いたら、
こんなことをやっている所だったんだ。
自分もやってみようかな。
と素直な思いが湧いたり。

自分に鎧をまとうように、
人とに距離を図っていたけど、
いいんだこのままの気持ちで
気負わずに参加したらいいんだね。
笑顔になっていくお母さんメンバー。

誰かとことばを交わし、
誰かと思いを分けあい、
笑顔になっていく。

人間てすばらしいな。
そんなことを思う講座でした。






関連記事
スポンサーサイト
2015-02-26(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR