スーパープレゼンテーション

スーパープレゼンテーション・TEDは
NHKで放映されていますが、

ヒッポでは1月6日(火)
Lex Multilingul Presentation
頭文字をとって、LMPを開催しました。

ヒッポメンバーの高大生を対象に、
3言語以上でプレゼンテーションをするというもの。

エントリーした若者たち。

IMG_0196_convert_20150107192737.jpg

プレゼンテーションする言語は、
M=マルチリンガル、3言語以上ということです。

スペイン語・中国語・英語で話す人もいれば、
英語・フランス語・イタリア語とか、
韓国語・英語・ドイツ語とか、
チェコ語やタイ語、クメール語を織り交ぜる人もいれば、
4言語以上の人もたくさんいました。

タイトルは、
『言語習得におけるコミュニケーションの役割』
『好奇心と学習の重要性について』
『食卓と人生』
『世界を身近に感じること』
『違いを認めることの大切さ』
『メディアとの付き合い方』
などなど興味深いモノばっかり。

多言語の環境で育ってきた
ヒッポの青年たちなので、
多言語と云って驚くことはありませんが、
それでもプレゼンをするということは、
なかなか大変なこと。

そう思っていましたが、
ステージに立つ彼らは
軽やかで、楽しそうで、
表現が自由で、
実に伸び伸びしていました。
そして何よりもそれぞれの言語の音、
発音が美し~。

やっぱりヒッポって
スゴいと思いました。

10時からスタートした会ですが、
休憩を挟みながら終了したのは5時。

子どもたちは朝から参加していましたが、
私は予定があり到着したのは2時半。

私が到着すると5年生の末っ子が、
メモをくれました。

LMPは少し難しいけど、
とてもわかりやすく表にしていて、
すばらしかった。
そして面白かったです。

堂々とプレゼンする彼らもスゴイけど、
これだけの言語で話される内容を面白い!
と感じることができる子どもたち、
それもスゴくない!?

会場を見渡しても、
幼児から、赤ちゃん連れ、
小、中学生もいっぱいいるけど、
誰もつまらなそうな顔してない。
本当にこれ事態がスゴイこと。

遅れて入場した私ですが、
すぐに引き込まれあっという間に
終了時間でした。

帰宅してからもシェアが続いたので、
聞けなかった人の話しも
なんだか聞けたかのようで嬉しかったです。

多言語、多文化、多様性を受け入れる
相互理解の体験に基づいたメッセージを、
社会や世界に多言語で発信しよう!
という新しチャレンジであったLMP。

どの子も素晴らしく新年早々感動しました。

我が家の子どもたちにとっても
収穫と刺激ある1日であったようです。

次のプレゼンテ―ターは君たち。
きっとそう思っているよね。笑


表彰式を終えて出演者の皆さん。

KIMG0698.jpg






関連記事
スポンサーサイト
2015-01-07(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR