理解する力

先日、中学校で開かれた
研究発表会に出席しました。

タイトルは、
『問題解決能力の育成』
~基礎学力の定着と思考力・判断力・表現力を高める授業を通して~

そうかぁ、
今の学校はそんなふうに
授業を進めているんだ。
いろいろ工夫がされていることを知りました。

私たちの時とは違うな…
でも子どもたちに変りはあるのかな?
そんなに変らない気もする。

研究発表会の中に講演もあり、
先生方を対象にしたものですが、
講師の新藤久典先生の
(国立音楽大学 教授)
話しが素晴らしかった。

理解する力とは、
考える力
感じる力
想像する力
があることです。

冒頭からなんだかヒッポみたい…

いろんな国のことばに触れていると
常に想像力全開だし、
ことばや人について考えるし、
いろ~んなことを感じているな…

コミュニケーション能力とは、
知らない人と話せることとは違います。

そうなんだ~。
ヒッポやってると、
大人も子どもも人懐っこい人が多い。
でもそうゆうことではないんだ。

自分の意見や
考えがあることが、
コミュニケーション能力である。

ふむふむ。

自分のことばで正確に
伝えられることができるか。
これから大切な事は、
自ら問い、自ら学ぶこと。
発達し続ける人間です。

ほ~これもヒッポをやってると感じるな…

人間は生涯に渡って発達し続けます。
その為には人的ネットワークが必要であり大切。

おお~マサチューセッツ工科大学の
言語学者 Dr.スザンヌさんも同じことを言ってました。

先生は数年前ヒッポと出会い日本に来日。
ヒッポの活動に参加しその活動を、
完ぺきなプログラムでことばの習得をしていると、
驚きと共に感動していました。

楽しいから続けてきたけれど、
楽しいにはもっともっと
深~い意味があるのかもしれない。

人間には快、不快があり、
快はやる気を育てる。

そうかぁ~。

ひと言ひと言が面白かった。
考える時間をもらいました。

話というのは、
自分の体験や感じてることに
引き寄せながら
聞いているのかもしれない。

でもそれでいいんだと思う。

感じられる人でありたいな。
考えることができる人でありたいな。






関連記事
スポンサーサイト
2014-11-28(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR