多言語でハロウィン♪

じゃ~ん♪

KIMG0578_convert_20141031075512.jpg

かぼちゃです。

昨夜のヒッポはハロウィンDay!
お友だちや近所の方に
オープンにした会を開きました。

小さい子を連れた方や、
メンバーのお友だち、
新しい方は13名参加されました。

このために作成したお知らせチラシを、
子どもたちとポスティングし、
メンバーたちが会の準備を
進めてくれました。

そんな会なので、
新しいお友だちが来てくれることが、
何より嬉しかったです。

みんな思い思いの仮装や、
ヒッポならではの民族衣装、
手作りの飾り付けを持ち寄り、
すっごく素敵な場となりました。

来て下さったみなさん、
準備してくれたみんなに感謝です。

実を云うと本当の私は、
こうゆうの苦手なんです。

みんながやることを
みんなと同じように…
みたいなことが苦手。

ヒッポを家族でやっていなかったら、
人と交わらず、人と群れず、
一匹狼みたいに生きていたかも。

根が暗いということです。笑

でもね、
なんにもない所から考えたり、
人と一緒にやることは、
すっごく面白い。

ことばと一緒です。

誰かに教えてもらうんじゃない。
ことばは人からもらうものです。

できる人とできない人がいるんじゃない。
やる人とやらない人がいるだけです。

それだけ。

このかぼちゃは、
ハンカチ落としならぬ、
かぼちゃ落としで使いました。

我ながらなかなかのでき。
自己満足です。

と云ってもジャイアンツタオルを
紐でぐるぐる巻いたもの。
けっこうな大きさ重量があり、
ぶんぶん投げる子どもはいませんでした。

良かった。

この日嬉しかったことがひとつ。
初めて来た小さい子2歳くらいかな、
はじめは泣いていました。

リアルな仮装した大人はいるし、
普段は接しない大きな
お兄さん、お姉さんはいっぱいいるし、
びっくりしたと思います。

ゲームをやっている時は
お母さんにピッタリくっついていましたが、
多言語あいさつをして
お菓子をもらおう♪タイムでは、
自分の足でしっかり歩き、
いろんな人のところに行き、
いろんなことばであいさつしていました。

丸ごとマネっこをするだけ。
でもマネは教えてもらうこととは
ちょっと違います。

真似るという語源には、
学ぶという意味があります。
子どもたちはなんでもマネをします。
そのマネの繰り返しながら、
いろんなこと、
大切なことを身につけています。

この日の最後にこの子は、
自分からマイクを持って、
『オラ!コモエスタ~?ムチョグースト』
スペイン語のあいさつをしてくれました。

ほんの1時間ちょっとの中で、
何が起きていたのでしょう。

特別の子にではなく、
誰にでも起きる自然なやり方が
ここにはあるんだなって思えた出来事でした。

あ~楽しかった。


さあ、次はこれまで準備して来た
池袋@ヒッポ初のミュージカル♪
『ことばはボクらの音楽だ』
11月16日(日)2時半~
成増アクトホール(定員472名)
頑張るぞ~。

お申し込みは、
ヒッポファミリークラブホームページ、
またはこのブログの管理者宛てに
コメントを下さい。
その際はお名前、連絡先を明記して下さい。

お待ちしていま~す。

※管理者宛てにいただいたコメントは
 非公開です。ご安心ください。







関連記事
スポンサーサイト
2014-10-31(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR