クラフトフェアまつもと~私のゲットした物~

たくさんの出店作品をじっくり見たい気持ちもありましたが、
とにかく雨に邪魔されて、あと一歩を踏み込まずに
テントの外から眺めていた作品もありました。
今思えばもう少し写真だけでも収めておけば良かった。

どこでも楽しめる子どもたちですが、
この日ばかりは、何が楽しくてここ居るのか・・・
作品はデリケートなものだし、テントの中は狭いので、
私の背中を見ながら、ただただ雨に打たれているようでした。
そして合羽は着ているものの、顔も髪もびしょびしょになり、
「寒い」と凍えだしてきました。
そんな中で、飴細工のお店がありました。
職人さんの手先をじーーーっと見つめる子どもたち。

記念に1つ注文をしました。
019_convert_20110531145815.jpg
真剣に見つめる子どもたち。
023_convert_20110531152232.jpg
なんでしょう?
022_convert_20110531152640.jpg
フクロウです。
051_convert_20110531152823.jpg
想像したフクロウとは違っていて、
羽を広げ、生き生きとしていて感動しました。
でも食べてしまいました。
058_convert_20110531153058.jpg


これは私が買った鍋です。
取っ手が木製で、かなり大きいです。
これでどんな料理をしましょうか。
楽しみです。
116_convert_20110531154004.jpg

実は雨がひどかったので、子どもたちは途中で車に戻りました。
いろんな物を見せたいって思っていましたが、
翌日は学校もあり、無理はさせませんでした。
そんな子どもたちにプレゼント。
入口付近で出店していた木工のお店の作品です。
最初に子どもたちと見たお店でした。
115_convert_20110531160042.jpg


作家のお子さんが、これ下さいという私たちのやり取りを聞いていて、
「どうしていなくなっちゃうの?」
「お友だちのおうちに行くんだよ」
「どうして行くの?」
「お友だちと勉強するためだよ」
そんな親子の会話が微笑ましかったです。

次女は小さくなった鉛筆収集マニアです。
どこまで小さく使いきれるか、いつもチャレンジしています。
そして出番のなくなった鉛筆を大事にしまっています。
この鉛筆は頭から抜けるようになっているので、
きっと髪型も変化し続けるでしょう。
愛嬌のある顔が気に入りました。


これはネックレス。
ヒゲみたいで面白いので買いました。
103_convert_20110531174410.jpg



こんな看板のお店もありました。
030_convert_20110531160913.jpg

まだまだ続きます。
次は松本の街へ。








関連記事
スポンサーサイト
2011-05-31(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

どちらのフリーマーケットに行かれたのですか?
2012-09-04 10:47 |  | URL   [ 編集 ]

この時はフリーマーケットではなく、昨年5月に開かれた松本のクラフトフェアです。これをきっかけにいろんなところで開かれるクラフトフェアにも興味を持つようになりました。
2012-09-05 19:39 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR