Raising Multilingual Children~終わり~

この日の感動は、
子どもたちから出た、
思いがけない
ことばにありました。

それから、
司会や体験談を話す
ちびっ子、高校生、大学生たちの、
多言語も素晴らしかったけど、

スザンヌさんへの質疑応答を
通訳する大学生が、
本当~にカッコ良かった。

日本語から英語へ。
英語から日本語へ。

思いがけない質問に、
これまた準備されたものでない
思いがけない答え。

その表現力が
素晴らしかったのです。

英語をネイティブに話す娘は、
答えてる内容は全てわかる。
でもあれほどの日本語で
表現できるなんて凄い。

大きな舞台で活躍する、
少し上の年代が、
誇らしかったり、
眩しかったりしたかな。

いろんな刺激を
もらったと思います。

一緒に行った中学生たちは、
講演会終了後に、

見せて見せて!
通訳する人のノートって、
どうなってるの~!?

もう憧れを通り越し、
興味津津です。

見せてくれたノートには、
ごく少ない単語のキーワードが
英語でメモしてある程度でした。

一同、えええええっ!?

あんなに長い英語を
あんなに長い日本語で訳してるのに、
メモはこれだけ!?

本当に驚いていました。

カッコイイな~って思うこと。
素敵だなって思うこと。

それも多言語を楽しむ
大事な要素なのかもしれない。

英語がいっぱいの講演会でしたが、
わくわくした表情の子どもたちに、
私もたくさんの刺激をもらいました。







関連記事
スポンサーサイト
2014-08-25(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

じんこも参加していたんですね。
英語が苦手な自分は、単語を聞き取ろうとしすぎて、翻訳文を追うにも追いつけず、聞く方に集中もできずで、どっちつかずになってしまった。
この文章読んでいて気がついたんだけど、日本語聞くときもある意味、大波で聞き取っているんじゃないかなって。
しかし、色々と気がついた講演会でした。
2014-08-26 11:46 | カール | URL   [ 編集 ]

カール会いたかったですね~。

私は子どもたちのおかげで、
いろいろ気づかされました。

ヒッポの講演会って、
どうやっても堅苦しくならないから、
面白いね。

それも子どもたちのおかげかな。

名古屋で開かれた講演会も、
やはり大学生や社会人が通訳として活躍したみたい。

素敵だね~。

2014-08-27 22:52 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR