フランスの男の子

私のブログにリンクされている、
パッキーの多言語日記。

ここに登場していた
フランスの青年(19歳)を
半日あずかることに。

この日のこの時間なら空いてるよ。
そこにバッチリはまったプチ受け入れ。

池袋で待ち合わせし、
我が家に連れ帰り、
ひとしきりおしゃべり。

400年前の家をリフォームして
暮らしているというフランスのお家は、
広大な敷地、素敵なインテリア、
ここでくつろぐのかな的なテラスにプール。。。

絵ハガキの様な素敵な写真を
いっぱい見せてもらいました。

楽しくおしゃべりしていたのに、
きちんとやってくる眠気。

ゲストがいるのに、
うっかり昼寝してしまう私。。。

気をつかわせない彼も凄いけど、
気をつかわない私も凄いは…。

この日はヒッポの活動がある日だったので、
ちょっと早めの夕食。

彼がキッチンに立って、
キッシュ作りを始めました。

後ろ姿。

IMGP4682_convert_20140627070006.jpg

いいね~。
私に息子がいたらこんな感じなのかな。

彼の作るキッシュが
トレボ~ン!!!!
最高~に美味しかったです。

高校生の娘は翌日のお弁当に
残ったキッシュを持って行きました。
『フランス人の作ったキッシュ~』
と自慢して(おすそ分けして)食べたようですが、

『フランス人!?なんだそりゃ!?
お、お、お前ん家はどうなってるんだ?』

と、隣の男子は動揺してたとか。。。

美味しいキッシュを
作ってくれるフランス男子は初めてだけど、
ヒッポをやっているとこんなことはよくあること。

パッキーが忙しいおかげで、
楽しませてもらいました。

この日面白かったのは、
メキシコ留学から帰ったばかりの高校生と、
通じ合う言語がスペイン語だったとこ。

フランス語、英語、日本語だけじゃなく、
スペイン語もわかるんだ~お隣の国だもんね。

でもね、フランス人にとって、
スペイン語は勉強することばだから、
すごく難しいんだって。

日本人にとっての
英語と一緒だね~。

勉強ってなんだろう…

何語を話してもフランス語に聞こえるくらい、
フランス語訛りのことばでしたが、

多言語をやっていると、
訛りがあってもそんなに困らない。
聞き分けができるんですよね。

何語、何語、があるわけではなく、
その人のことばがあるだけ。

こんな思いがけない出会いがある度に、
多言語(ヒッポ)やってて良かった~って思います。

いつか娘の誰かがフランスに行くかもな…





関連記事
スポンサーサイト
2014-07-01(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR