高床式で・・・

これは夫の製作です。
005_convert_20110526095529.jpg
夫はいろんな物をつくってくれますが、
ここに引っ越して来た時に、まずつくった高床式収納。
下が収納になっています。

家を買う時に大事にしたことは、
納戸になってしまうスペースをつくらない。
カビが生えないように風通しを良くする。
これくらいでしょうか。

だから我が家には玄関とトイレ以外はドアがありません。
ワンルームにしたかったのですが、
それでは住宅金融公庫から融資を受けられなかったので、
仕方なく引き戸にして、部屋を全開にできるようにしてもらいました。

だからこの床下は大事な収納スペースなのです。
大きさはダブルベットくらい。

同じものが2つありましたが、今はひとつしかありません。
模様替えを繰り返すうちに不要になり、
キャンプの際に燃料にしてしまいました。

子どもたちの3段ベッドも製作しました。
子どもたちは自分のスペースができたことに大喜びしていました。

当時末っ子はおっぱいが離れたばかりでしたが、
“自分の場所”に大興奮して、
その日からひとりで寝るようになりました。
以来、一緒に寝ることはありません。

私も子離れしたというか“夫婦”ということ、
お互いの存在を一番に考えるようになりました。
2人で外食をしたり、
2人でお出かけしたり、
2人の時間をつくれる努力を、お互いにしています。

3段ベッドは今はありません。
キャンプの燃料にしてしまいました。

私の描くものをつくりだす彼はベストパートナーですが、
気持ち良くぶっ壊す彼は偉大です。









関連記事
スポンサーサイト
2011-05-26(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

わ~~い!!守屋家のいろいろなことが分かって嬉しいです。模様替えも手作りも、あれもこれも・・・すっごく素敵!!!!!!
じんこみたいに素敵生活したいなあ
2011-05-27 19:09 | さんちゃん | URL   [ 編集 ]

ありがとう。読んでもらえて嬉しいです。
子どもたちは私のブログを時々覗いては
「ここどこ?」って言ってます。笑
2011-05-27 22:18 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR