雪の学校・多言語キャンプ つづき

春休み子どもたちが参加したプログラム。
あれからずいぶん経ちました。

CIMG1685_convert_20140513210046.jpg

小学生の末娘が、
自分の体験を書いたんです。

しかも初パソコン。

すご~く時間がかかりましたよ。
初めてですから。

CIMG1673_convert_20140515224205.jpg

CIMG1674_convert_20140515224240.jpg

CIMG1684_convert_20140513210225.jpg


るはどうやったら出るのぉ!
しゃはど~するのぉぉぉ!!
パソコンに向かっては叫んでました。

ローマ字一覧を見ながら、
何日も何日もかけて、
ちょっとづつちょっとづつ…

我が家には手を出してくれる
ような人がいないから、
最後の最後に、

書き終わりました。
お母さん読んで下さい。

こんなメモ書きが置いてありました。

娘はこの中で、

私はとても成長したと思います。
自分から進んで知らない地域や、
国の子と話せるようになったから。

雪の中であっという間に
仲良くなっていく経験の中で、
友だちをつくるのに大切なことは、
ことばだけではないのだと思った。

私はロシアに行く自信がつきました。
早くロシアに行きたい。



自信に満ちたことばが
溢れていました。









関連記事
スポンサーサイト
2014-05-16(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR