エルダーであること

今夜はコロッケでした。

CIMG1678_convert_20140513210536.jpg

久しぶりに時間があったので、
いっぱい作りました。

形は母と一緒の俵型。

こんな形にも、
小さい頃の思い出が
いっぱい詰まっているんだな…


夕飯を終えて夕刊を読んでいると、
落合恵子さんが審査委員の、

『ニューエルダーシチズン大賞』
応募始まる の記事が目に止まりました。


CIMG1679_convert_20140513205901.jpg

CIMG1680_convert_20140513205953.jpg



社会貢献や趣味などに取り組み、
積極的に人生を切り開く
70歳以上の高齢者を表彰するもの。


これだけ読んでも…私には関係ないかなって、
思ってしまいますが、

違いから学ぼう
家族や地域を越えて豊かな人間関係を
新しい自分でありたい、
新しい発見をしたい
自ら動かないと、
新しい空気にはなかなか触れられない

などなど

誇りを持って共に生きる姿とはが、
落合恵子さんらしい語り口で書かれていました。

これを読みながら、
70代、80代のヒッポメンバーが、
次々に浮かんできました。

こんな人になりたいな。
こんな年の重ね方ができたらな。
そんなふうに思える人が、
ヒッポにはいっぱいいます。


憧れという遠い存在ではなく、
いつも誰かのことばに耳を傾け、
新しい自分に出会い続けているような、
謙虚でチャーミングな人たち。

変化していくとが、
“生きる”
ということなのかな。



この応募の締め切りは、
7月31日
自薦他薦不問。

活動内容を紹介する作文。
原稿用紙5枚以内。
候補者が写っていて、
活動内容がわかる写真1枚。


あなたならどんな人を
思い浮かべますか…









関連記事
スポンサーサイト
2014-05-13(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR