雪の学校 多言語キャンプ

これはいただいた色紙。

仁平古道具店で買った木枠と、
桜花園で買った染め版を組み合わせて。

CIMG1328_convert_20140318190520_convert_20140329102724.jpg



吾 唯 足 知
われ ただ たるを しる

次から次へと欲望を膨らませず、
満足することを知ることが大切です。

という意味です。

私のためのことばみたい。ほほほ。


子どもたちが、
ヒッポファミリークラブが主催する、
多言語キャンプに参加して来ました。

最初このプログラムを聞いた時は、
なにそれ?でしたが、
本当~に行かせて良かったです。


長野の飯山という豪雪地帯に、
全国から500人が集合!
現地集合現地解散、3泊4日のプログラム。

そのうち100人が外国からのゲスト。
インドネシア、ロシア、メキシコ、
韓国、ベトナム、スペイン、アメリカ…13カ国。

雪の中なのにスキー、スノーボードは無し。
雪、雪、雪、で遊びつくすのです。

大学生、高校生をリーダーにした、
小学3年生から大人までの縦割りグループで、
寝起きを共にし、様々なプログラムに、
チャレンジしてきたようです。

全てのプログラムが、
準備されていたわけではありません。

与えられたものではなく、
初めて出会う人と、
ゼロから始まり、
ゼロから生み出していく。

その過程の中で、
たくさんのことを
見つけてきたようです。

やり切ったという自信に満ちた顔。
楽しかったというピカピカの笑顔。

本当に素敵な姿で帰って来ました。


今年ロシアにホームステイに行く、
10歳の末娘は、

ロシアの子ともインドネシアの子とも、
仲良くなった。なんでも通じ合えた。
今ロシアに行っても大丈夫!!

自信いっぱいの第一声。


中学生の次女は、
高校生、大学生リーダーと共に、
協力して、仲良くなって、
いっぱい話してきた!

たくさんの刺激の中で、
自分らしさも見つけてきたかな。


小学生、中学生を引っ張ってきた
高校生の長女は、

小学生たちの変化していく様子、
泣いたり笑ったりしながら、
みんなとコミュニケーション
取っていくたくましさに、
いっぱい感動してきたようです。


そして何より、
豪雪という大自然の中で、
味わったことのない体験と、

“みんなが家族のようだった”

帰って来た子みんなが口にした、
このことばの中に、
人のぬくもりをいっぱい感じました。


子どもたちの心の中に、
またひとつ宝物が増えました。


次回は私も行きたいな…








 
関連記事
スポンサーサイト
2014-03-29(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR