韓国の受け入れ

アニョハセヨ~!

今週の木曜日から土曜日、
2泊3日という短いプログラムですが、
韓国の高校生を受け入れます。

17歳の男の子です!!

ななんと韓国の全寮制進学校に通う、
男子校のメンズたちがやって来るんです。

どんな韓流スターがやって来るのか!?
みたいな勢いで近所のメンバーたち、
5家族で受け入れに手をあげました。

このように受け入れに“勢い”は大切です。

いっぺんに2人も受ける
欲張りな家族もいます。笑

いやいや冗談。

ホストファミリーを探すのは、
ヒッポをやっていてもなかなか大変なこと。
受けてくれる家族には本当に感謝です。

今回修学旅行のプログラムに
ホームステイが入っているのですが、
全員がホームステイできる訳ではありません。

ミヤネヨ~。。。

ホームステイに行けるラッキーな!?
メンズたちではありますが、
待ち受けているのは…私の様なオバサン。ふふっ

(子どもたち日中は学校に行ってるので)

オバサンは韓国語では、
アジュマと呼ばれます。

もしかして韓国の男子は、
目上にやさしいので、
アガシと呼ばれるかもしれません。ぷぷっ

我が家に来る子には
オンマ~と呼んでもらいたいな。

そんなことよりも、
我が家は女だらけ。

息づかいも聞こえてしまうほど
狭い居住空間。

逃げ場なし。

朝早くて夜が遅い夫。
ゆいつの男には会えそうもない。

男子校の素朴な(勝手に想像…)
男の子にとってこの状況はどう映るのでしょうか!?

鼻血でも出さないかと…心配。

久々の受け入れ、
楽しみたいと思います。






関連記事
スポンサーサイト
2014-01-20(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

韓国よろしく

韓国、よろしく。
それより私も先週はハラハラしてました、西カド 浮気? BSで私もみていて、終わったらすぐに出勤の日々。ドラマの内容が頭をちらつきます。まさか、小学生がそんなこと言うとはね。
2014-01-20 23:19 | パッキー | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR