ちょっとしたこと

ある日4年生の末娘が、
『今日は友だちと家で宿題やってもいい?』
と聞いてきました。

学校から帰って来る時間には、
私も帰宅しているので、
『いいよ』って返事をしました。

学校から帰って来ると、
なんだか嬉しそうに
友だちを待っていましたが、

ちょっと驚いたことがありました。

いつもは開けっ放しの、
洗面所にあるランドリーBOXのカゴが、
きちんと見えないようになっていたり、

いつも脱いだものが、
出しっぱなしの玄関が、
何もなくなっていたり、

ゴミ箱のゴミが、
なくなっていたり、


・・・


ん?と思いながら、
きっと誰も気づかないことなのに、
お友だちを迎えるからやったことなのでしょう。



またある日のことです。

中学生の次女から、
『友だちと家で宿題をやるけどいい?』
と電話がありました。

出先だったので、
『あぁいいよ』と適当な答えをして電話を切った後、

ん?掃除してたかな?
干した布団はどうなっていたかな?

人を呼べる家ではなかったような…
気になることは山ほどありました。

まあしょうがない。
あきらめることに。


がしかし、夕方帰宅してみると実に綺麗。
あったものは…どこ?

台所に立つと…
朝洗った食器たちに、
なぜか布きんがかけられている。

こんなとこ誰も見ないのに…
というところにあの子たちの形跡が。。。


この時も何も云いませんでしたが、
人を招くということに、
心というか気持ちというか、


なんだか心遣いが感じられて、
若いのにやるな~と思いました。






関連記事
スポンサーサイト
2013-11-29(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

いつもは家族だけの空間が、家族以外の人が来るという状況になると、その人にはこの空間がどんな風に見えるのかっていう想像力&創造力が今までになく働くから不思議ですね。そんな刺激もたまには必要かも。うちも受け入れしたら、少しは綺麗になるかなあ~^^;。
2013-12-01 10:06 | ナターシャ | URL   [ 編集 ]

コメントありがとう!

本当だね~想像力&創造力があるってことなんだね。
ヒッポやってると、ことばや人に対しての想像力が育ってると、
実感することが多いけど、生活の中でもその力は発揮されているんだ~。

季節ごとの模様替えはおススメです。
私の場合、夏は風がどう通り抜けるかが重要なことで、
冬は家族とどう過ごすか、な~んてことが重要なことかも。

こんなこと書くとハードルをあげてしまうから、
とりあえず、タンスの向きを変えてみる。
これだけで何か変化が起きるはずです。笑

2013-12-02 21:29 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR