英語スピーチコンテスト

東京都高等学校英語スピーチコンテストの
書類審査を通過しました。

選ばれた人は21人。

1年以上日本以外で住んでいたか、
1年未満かで、部門が分かれています。

娘は10カ月
アメリカの高校に通っていたので、
1年未満の部です。

10月14日
都立戸山高校で本大会があります。

楽しみです。

650ワードを越える文章を
5分でスピーチする。
一体どうやって覚えるかな?と思っていたら、

やっぱりヒッポで
育ってきた子だなって思いました。

音をCDに吹き込み、
音と同時に声を出していくのです。

と云っても定期試験直前で、
それだけに集中してもいられないので、
CDと一緒に10回と決めて声に出す。

CIMG5600_convert_20131012073719.jpg


日本だったら“正”の文字を書いて
10回をカウントしますが、
アメリカだとこんな感じなのね。

楽しいので私も一緒にやってました。

私が留守でいない日はやっていないので、
やっぱり一緒にやってくれる人がいるって、
それだけで励まされるんだなって思いました。

すごいな~と思ったのは、
やり始めた初日、
10回やった後にCDなしで云ってみると、
7割くらいはもう云えてるのです。

私はタイトルも云えてない…笑

木曜日はヒッポで、金曜日ははクラスで、
最後のスピーチ練習をやったようですが、
ネイティブに英語を話す子も多いので、

目頭を熱くして聞いてくれる子や、
内容に関してコメントしてくれる子もいて、
“伝わっている”と実感できる、
みんなの反応が嬉しかったようです。

感動したわ~。
と自信をつけて帰って来ました。

どんな時もひとりの中で完結せず、
人にかかわってる姿が伝わって来ます。

あとは楽しむだけですね。
それは心配なさそうです。笑








関連記事
スポンサーサイト
2013-10-12(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR