ありがとう

この夏、私の住む小さい街からも、
たくさんの青少年が、世界へ旅立って行きました。

10歳の小学生が韓国、台湾へ。
12歳の中学生がアメリカ、イタリアへ。
メキシコへ1年間の留学へ行く高校生もいます。

みんなその国に着いたら、
一人でホームステイです。

満面の笑みで出発する子、
瞳を潤ませながら出発する子、
どの子も可愛過ぎました。。。

見送りにもいろんなドラマがあり、
親でもない私も一緒に、泣いたり笑ったり。。。

見送りとは楽しいものです。

次は自分が行くぞ!って気持ちが、
自然に湧いてくるのだから、それも不思議。


台湾の見送りに行った時に、
こんな話をしてくれた人がいました。


“ありがとう”の反対は?


ん?なんだろうすぐに答えられない私。


答えは“あたり前”


みんな、今まであったあたり前は、
今日からありません。
お母さんがご飯を作ってくれるあたり前。
友だちがいたあたり前。
家族がいたあたり前。
ことばが通じたあたり前。


だからありがとうをいっぱい云ってこようね。


お見送りに行って、
こんなにも心に染みることばに出会うなんて。。。


やっぱりお見送りはやめられない。








関連記事
スポンサーサイト
2013-07-28(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

「ありがとう」の反対語は?
同じく台湾組をお見送りに行ったメンバーが言っておりました。

しかし、なぜ「当たり前」なのか、判ったような判らないような。
もやもや感が消えず、調べてしまいました。ネットで(爆)

「ありがとう」の語源は、「有難う」から「有ること難し」・・・ありえないこと

「ありえないこと」の反対は、「あたりまえ」か。

「ありがとう」って言葉は、当たり前と思わない心が、様々な行動や出来事に対して驚きと感動を伝える言葉なんですね。
2013-07-29 13:11 | カール | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR