手作りが大好き

朝起きたら韓国語が流れていました。
子どもたちは朝食をとっていましたが、流れている韓国語に反応している次女。
「ん?なんでこの場面にこんな音(ことば)が流れるんだろう??」
私も洗濯機を回しながら、同じ音をこの耳でキャッチ。
2人で「なんでだろ~!?」
顔を見合わせて笑っていました。
そばにいた三女も一緒に笑ってる。
多言語の環境をつくるということ・・・どんなことを想像するのだろう?
我が家の場合、なにも日本語以外のことばでわざとらしく会話するというのでもない。
BGMのように流れてる音楽やことばを、無意識のうちにからだ中に取り込んでいて、
必要な時にその音が『ことば』となって出てくる。
それが嬉しかったり、そこには必ず人がいるから面白い。
朝寝坊の私だが、なんだか気持のいいスタート。

私は手作りが大好き。
子どもたちへのプレゼントもいつも手作り。
お誕生日やお祝い事のときに“欲しいもの”を買うことはありません。
子どもたちがデザインしたバックを作ってあげたり、
こんなズボンが欲しい~という注文に応えたり。
手作りの喜びと、創りだす面白さを知っている子どもたちです。

これは私が作成したバックたち。
遊びに行くとき、お出かけするとき、子どもなりに使い分けて愛用しています。
数え切れないほど作ってますが、革をちょこっと取り入れるだけで
おしゃれになります。
IMGP1590_convert_20110516082521.jpg


関連記事
スポンサーサイト
2011-05-16(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

バック素敵~~~v-352一番手前のバック真似しちゃおv-398

我が家はわざと会話に多言語盛り込むタイプ!
パスタ茹でる時はオンマ会で作ったイタリア語で「タント アクア~♪ タント サ~レ♪」とオペラ風に。
寝る前「イイウンコダ~」チュッって感じ。
きっと普通の人が見たら馬鹿みたいだけど、私たちは馬鹿みたいに楽しいよ。
楽しみ方も色々だねe-257
2011-05-17 09:55 | ふみちゃん | URL   [ 編集 ]

多言語=ことばだね。
何語という意識もなく、自分のことば。
それが素敵なことだね。
2011-05-17 10:09 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR