わかるということ・・・

昨日のブログに私の英語のわかり方、
みたいなことを書きましたが、
今日は娘が面白いことを云ってました。

お母さん、今日ね学力テストがあったのね。
社会は…で、数学も…で、国語も…
そう!英語がさぁ、信じられないほどわかったんだよ!!
全部わかったの。

長い文章を読んでたらね、
文法とか単語とか、
そんなのは別にわかってる訳ではないのに、
頭の中にどんどんストーリーが浮かんでくるの。
だから、答えはこれだなって。

なんか、スゴクない!
今日のテストは面白かったな~。


ああ~この感じステキって思いました。
楽しそうに話すその姿がね。


最後に、
まあ回答が返って来てないから云えるんだけどね。
と笑ってました。


確かに。笑


小さい時って、
子どもたちは何でも出来る。何でもわかってる。
そんな自信に満ちていて、出来ないこと、
わからないことへの恐れなんてない感じ。

でもちょっと大きくなって来ると、
失敗を怖がったり、自分を主張しなくなったり。
いつの間にか自信に満ちたところが、
姿を消してしまいます。


今日の娘の興奮は、
幼かった時の姿そのままだったな。


点数なんてど~でもいいこと。
その感覚を忘れないで欲しい。





関連記事
スポンサーサイト
2013-04-27(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

いいね。これこれ。私もこれが自然で楽!と思います。
まさにこの話を、この春の講師交流で話してきました。
2013-04-27 17:56 | Beaver | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR