マンスリーが届きました。

2月、3月のマンスリーレポートが届きました。
1月以降のマンスリーが待ち遠しかったです。

この頃の成長は凄いですね。
ほとんどが英語になってきました。

日本語をまったく使わない生活をしているのですから、
英語で表現することはごく自然なことですよね。

ベルギーの子を受け入れてる時に、
『留学している娘と電話で話さないの?』
と聞かれました。
『話さないよ。』
『1度も?』
『1度も。』

もう“?”マークいっぱいの顔をしていました。

でもそれはとても大事なことです。
娘の家族は今、目の前の人たちだから、
自分のすべてでその家族に向かうためにね。

私たちがコンタクトをとっていたら、
きっと辛いこと、嬉しいこと、
私たちに分けてくれるでしょう。
私たちは娘のそばにいないのに、
タイムリーに悩んだり、泣いたりするでしょう。
なんとかしてやりたいって思うでしょうね。

でも私たちができることは、
娘が100%自分の力でやり切ったと誇れるよう、
信じて待つだけです。

ベルギーの子は、しょっちゅう両親や姉妹と、
電話で母国語のモンゴル語で話していました。
スカイプで何時間も話すことも。

彼女は日本での生活をきっと楽しんでいたと思います。
でも1か月以上日本の家族と暮らしていても、
日本語を話せるようにはなりませんでした。
日本の友だちをつくることもありませんでした。
素敵な女性でしたが、これはちょっと旅行っぽいスタンス。


ホームステイに行けばその国のことばを
話せるようになる訳ではないってことですね。


ヒッポの人たちは“恐るべし”と思いました。
たった1週間くらいのホームステイで、
全部わかった!いっぱい話した!と、
現地のことばで語ってくれるのですから。。。笑


今回の受け入れで思ったことは、
自分自身のスタンスが、
周りの環境を変えていくんだなってこと。


どこに居ても愛される人でありたい。
子どもたちもそうであって欲しいな。


前置きばかりが長くなりました。。。汗


2月のマンスリー。
ほとんど英語です。

042_convert_20130410104839.jpg 043_convert_20130410104908.jpg


3月のマンスリー。
ほとんど英語です。

047_convert_20130410105153.jpg 048_convert_20130410105230.jpg



2月14日のバレンタイン。
この日は愛で溢れてた。日本男子がんばれ~のエール。

045+(2)_convert_20130410124138.jpg



チビちゃんたちの成長にもう感動!感動!

045_convert_20130410105033.jpg



心に響く話しにちょっと興奮。

051_convert_20130410124209.jpg



自分の家族だから、その家族とのかかわりに悩み、
それぞれの個性を受け止めたいと、本気で葛藤しもがいてる。
だから“大好きな家族”とことばにできるのでしょう。


“ひなたが私たち家族を変えた”


アメリカのコーディネイターにパパが話したこのことば。
ホスト家族が我が子を受け入れた意味を見いだしてくれている。

本当に感謝としか云いようがないです。
このことばがこれからの彼女を支えてくれるでしょう。


049+(2)_convert_20130410105324.jpg




夢がいっぱいな娘。ステキです。

049_convert_20130410123805.jpg















関連記事
スポンサーサイト
2013-04-10(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR