日光の旅

出発の朝、曇り空ではありましたが、
雨が降らなくて良かったぁ。

日光へ向けて出発です。
なぜ桜満開なこの時に、
桜が咲いていない日光へ…

日光が好きだから?
近いから?
世界遺産だしね~。


038_convert_20130326004603.jpg



参道を歩き。。。

046_convert_20130326004719.jpg


階段を上り。。。

日光の階段は上るというより登るって感じ。
これは歳とってからではキツですね。
すでに老化を感じてる私。。。

067_convert_20130326004759.jpg


陽明門はいいね。

071_convert_20130326004832.jpg


只今日光は平成の大改修を迎えてます。
こんな時に来れたのも何かの縁。

娘がアメリカから帰国したら、
やっぱりここへ来ようかな~。

すぐこんなことを思ってしまうんです。笑



次は日光と今市の間にある、
お蕎麦屋さん報徳安へ。

5人で一升打ちのお蕎麦を食べました。
お蕎麦も天ぷらも美味しかったです。

097_convert_20130326104049.jpg


このあたりの杉並木が一番好き。
食後に杉並木を歩きました。


100.jpg


まるで人間が小人のように見えるんです。
凛とした美しい杉並木ですが、
ここを保存していくことは大変なこと。。。


この道はとても思い出深い道。


娘を出産する前の散歩道でした。

日光は涼しい気がしますが、
この夏はとても暑い夏でした。
でもここへ来ると、空気が違っていました。

初めての出産でしたので、
歩いて歩いて、歩いていました。



日光を後にして、
私たちが向かった場所は、
日光江戸村。

ここはまるで江戸にタイムスリップしたような世界。
ゲスト大興奮でした。

もう少し早く来れたら、変身処で好きな格好に変身し、
一日その姿で過ごせましたが、時間が足りずあきらめることに。
でも写真だけなら撮ってくれるところがありました。

ゲストは芸者になってました。笑

これは花魁道中。
まぁ艶やかでした。

110_convert_20130326104236.jpg


いたるところに町人、役人、商人、侍…に扮した役者さんがいるので、
彼らとのやり取りも楽しさのひとつ。
江戸ことばでなりきってますから、話しかけると面白いです。


油断してると時々切られたりします。
私も閉門間際、さらば!
な~んて笑顔で云ってたら、切られました。
油断大敵です。


東京への帰り道はもちろん渋滞、
そして一同爆睡。


いつものことですが、
ドライバーさんありがとう~。


この日東京の天気はどうだったのかな?
夜桜を見に中野通りへ。


見事に満開。


135_convert_20130326104310.jpg


144_convert_20130326104351.jpg


学生時代を過ごした街。
ここの桜も思い出深いです。



天気にも恵まれた楽しい旅でした。






関連記事
スポンサーサイト
2013-03-27(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR