日光美術館

16年前、私は日光に住んでいました。
正確には今市ですが。。。

夫の職業がゼネコンなので、
現場が変わる度に引っ越ししてました。

あの頃は模様替えが好きとは、
気づいてはいませんでした。

引っ越しの度に、
今度はどんな家に住むのかな~と、
ワクワクしてました。

土地に慣れたら引っ越す、の繰り返しでしたが、
そんなに住まいを変えられる人生もないので、
新しい生活に、新しい出会い、
ゼロからスタートできることを楽しんでいました。


今市に住んだのは、日光美術館をつくるためです。
まさに“地図に残る仕事”です。


私は一人目の子がお腹にいましたので、
長女は日光で産みました。
里帰り出産とか思いもつかなかったというか、
あたり前のように住んでる所で産みました。

病院の裏にはサルとかシカとか出て来るので、
結構面白かったです。

あの頃のサルは今ニュースで見るサルと、
ちょっと違うような…。


とにかく思い出深い日光なのです。


神橋の向かいにあるのが日光美術館。
あ~懐かしい。。。

024_convert_20130326004928.jpg


門です。

030_convert_20130326103739.jpg


日光美術館は日光出身の画家、
小杉放庵の作品が展示されています。

032_convert_20130326103823.jpg


小杉放庵さん。

033_convert_20130326103853.jpg


美術館のロビー天井。

034_convert_20130326103923.jpg


娘の歳の数だけ歳をとった美術館。

035_convert_20130326103956.jpg


さてさて、目的の世界遺産へ向かいましょう。。。



つづく









関連記事
スポンサーサイト
2013-03-26(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR