笑顔をの向こう側

数日前、日本に留学するタイの高校生たちを、
出迎えに行った時のことを書きました。
と思ったら、あらあら。。。
行きの電車の出来事で終わっていました。

自分で読み返しても、ぷぷぷっ。

あの時リムジンバスから降りて来た、
タイの子どもたちは(15歳~18歳)
みんな笑顔でした。

あの笑顔を見た時は安心しました。

でもちょっと話しかけてみると、
どんだけ緊張してるかが伝わって来ました。

それは、簡単なことを日本語や英語、
タイ語で云ってみても、
返って来るのは“キープした笑顔”

もうまったくわからない!!頭の中大混乱!!
なんだろうな…と想像出来ました。
そして笑顔もことばだな~とね。

だって手に取る様に気持ちがわかるんだもの。。。

その姿を見ながらね、我が子や、
いろんな国に行っている子どもたちを、
リアルに重ねてました。

みんな最初はこんな感じなんだな…。
泣きそうなくらいテンぱって、
逃げ出したくても逃げられないって感じ!?

そんな中でもう笑顔をつくるしかない。。。

数日間のホームステイなら笑顔で過ごせるけど、
1年とは…今タイの子はどんな気持ちでいるのかなぁ。

『ス~ス~!!』

タイ語でがんばっての意味。
心からこのことばを贈るよ。



今夜、私が主催するファミリーに、
ホスト家族とタイの子が一緒にやって来ました。

リラックスした様子で日本語も話してくれました。
みんなに上手だよ!っていっぱい云ってもらいました。

ゲームで遊んでも、タイ語、日本語、台湾語…etc
いろんなことばをマネっこしても、
ずっと笑顔で一緒にやってるところが凄かった。
みんなの中にいる姿が自然だった。

今日の笑顔はこの前の笑顔とは全然違っていました。

彼の笑顔はみんなを幸せにする笑顔でした。
だって彼の周りはみ~んな笑顔だったから。


笑顔の力を感じたね。


たいしたことは出来なくても、
私も誰かを幸せに出来る笑顔でいたいなぁ。









関連記事
スポンサーサイト
2013-03-22(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR