国際理解授業を終えました

“国際理解授業”なんて文字で見ると、
恐ろしくお固い感じですが、
毎回の様子はこんな感じ。

ヒッポファミリークラブのみんなが、
世界の民族衣装を着て・・・

004_convert_20130212222938.jpg


多言語を通して・・・
感じることばの世界。

006_convert_20130212223016.jpg


みんなが今話すことばは、
どうなふうに育ってきたのかな?

世界にはたくさんの国があり、
そこで育まれたことばがあるんだよ。

ことばは何のためにあるのかな?

“それは仲良くなるため”

そんなメッセージを持って、
2時間の公開授業を行いました。


この日は土曜日だったので、
メインの体験談は、この小学校を卒業した、
中学1年生の女の子。


6年生の子どもたち、保護者、先生の前で、
韓国語で自己紹介し、
英語でアメリカのホームステイの話をし、
日本語で、ことばがどうやってわかって行くのか、
“伝わる”とうこと、“伝える”ということは、
どうゆうことなのか、実に堂々と話してくれました。


いや~凄いなって思いました。
自分の体験したことを、ことばに解くのです。

特別な子どもなんてどこにもいません。
みんなの中にある力。

その力を引き出すのは、
周りにいる仲間たちであり“場”なのです。


大人も子どももみんなが笑顔でした。
“楽しい”
そんな体験をした先に、
見えるものはどんな世界かな?

“ことばで壁をつくらない”

それはそんなに難しいことではない。
この日会った子どもたちが、
私たちに送ってくれたメッセージ。



やっぱり“国際理解授業”はやめられない。。。






関連記事
スポンサーサイト
2013-02-12(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか楽しそう。あと、じんこのファミリー子供が多いんだって?一度、見に行きたいな。
2013-02-14 18:42 | カール | URL   [ 編集 ]

国際理解授業は本当に楽しいです。
土曜日の授業はお父さんメンバーも活躍できるチャンスですが、
この日は残念ながら男性がいませんでした。
我が夫も仕事さえなければ参加しますが、
以前、外国のゲストと間違えられて面白かったです。
確かに見かけは日本人離れした、東南アジア系。
インドネシアに行った時も、夫みたいな人がいっぱいいました。笑
2013-02-16 00:31 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR