受け入れします。

2月10日~3月31日まで、
久しぶりに受け入れをします。


娘を約1年という長い期間で、
受け入れて下さっている家族がいるのだから、
私たち家族も…という思いはずっと持っていました。

今回の受け入れは、ヒッポメンバーの知り合いからの依頼で、
ヒッポファミリークラブのプログラムではありません。


信頼できる人が、信頼できる友人へ、
その友人が、また信頼できる人へ、
という縁があって、私の所へこの話が来ました。


その電話をいただいたのは、確か1月1日。
人ごみの中を歩いている時でした。


家族そろっていたので、即決!
何かの縁があり素敵な出会いの始まり。。。
そう思って受け入れることに決めました。


いらっしゃる方はベルギー在住のモンゴルの方。
話すことばは、モンゴル語、英語、ドイツ語、フランス語。


きゃ~楽しみです。


インテリアの勉強をしている方なので、
私にとっても刺激が大きいかも。


会ったこともない、
声を聞いたこともない。
でも、なんだか素敵な出会いになる予感。。。


ワクワクしています。


でも、日本のいや東京の住宅事情にビックリかも。
我が家は思ってる以上に狭いから。

・・・

まあ、なんとかなるでしょ。



今回ダイレクトにメールでやり取りしました。
受け入れる期間の事、ビザ申請のこと、
それに伴う書類が必要なこと、などなど。


もちろん英語に自信がない私にとっては、
この文章で本当に大丈夫!?
大事な書類作成と思うと、もっと不安に。。。


しかもあちらは申請に
時間がかかることもあって、焦ってる~。


だ・れ・か~助けて~!


こんな体験、実は初めて。


今回つくづく思いました。
私はこれまでたくさんの国へ
ホームステイに行ってるし、
受け入れも数え切れないほど経験しています。


外務省から頼まれたり、
JICAだったり、大学だったり、
教育省や民間レベルまで、
様々な機関を通して、
相互の交流が実現しているのです。


そんな中で私はいつも、
行くか、やるか、で悩むだけ。


それ以外はコーディネートしてくれる、
スタッフがいるということ。
なんて有難い存在に支えられ、
私たちの交流は実を結んでいるんだということに、
あらためて気づいたのです。


あると思ってしまうと、
影で支えてくれている人の存在、
誰かの思いで実現している交流、
そんな大切なことを忘れかけてしまいます。


この受け入れは、まだまだ私に、
たくさんの事を気づかせてくれるかも・・・


この縁を結んでくれた方に感謝です。




そして私のピンチ~を救ってくれるのは、
いつも夫です。ハハハ~。

忙しい仕事の合間を縫って、
スペルチェックに、文法チェック。
クイックで返してくれる彼は、
私にとってのスーパーマン。



もうちょっと成長したい ワ・タ・シ でした。
受け入れ頑張るぞ。











関連記事
スポンサーサイト
2013-01-28(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

センベーノー

パッキーです。モンゴルの挨拶は、センベーノーとか、千倍脳とかきこえます。楽しみだね。
2013-01-29 22:17 | パッキー | URL   [ 編集 ]

パッキーハウス(ゲストハウス)オーナーのブログ見ながら、
笑ってますよ~。こんなふうに人を巻き込みたいとね。

みなさんにも、おススメです。
リンクしている“パッキーの多言語日記”
是非訪れて見て下さい。

必ず笑えます。くくく~
2013-01-30 08:11 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR