国際理解授業

国際理解授業の依頼を受けました。
メンバーが通う近隣の小学校です。


子どもたちが“多言語”という、
ことばの出会いを通して、

世界にはたくさんのことばがあるんだ。
ことばの違いがあっても、
仲良くなるために必要なことは、
心を開いていくこと、
聞こえた音(ことば)をマネしてみること。

それは相手を受け入れることにつながり、
自分を伝える大切な一歩になること。

誰にでも出来る方法で、
仲良くなっていく。

ことばで壁をつくらない。
簡単なようで難しい。

でも、ヒッポはたった1回の授業・体験で、
その大事なメッセージを子どもの心に残していきます。


みんなが笑顔になる
みんなが主体になる


そんな授業です。


どんな子どもたちに出会えるのか、
今から楽しみです。


2時間の授業の中で、
いつも体験談を入れています。

今回は中学1年生の女の子が、
母校で話します。


韓国、アメリカのホームステイを通して、
彼女が見つけた“ことば”とは・・・



公開授業なので、
たくさんの方に参加してもらえるといいな~。





関連記事
スポンサーサイト
2013-01-22(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR