手紙が届きました

これで6通目の手紙です。

006_convert_20130121193135.jpg


Happy new year と始まった手紙。
アメリカで迎えた新しい年です。

どんなことを思うのだろう・・・
そんなことを思いながら読み進めていくと、


日本のお正月ってめっちゃ好きだわ~って思った。
日本文化はかっこいいな~ってしみじみ思う。

などなど・・・

アメリカにはない日本の姿を思い出し、
改めてそんな日本を恋しい~と思う。
そんな感じでしょうか。。。


家族に
“Do you miss your family ?" と聞かれ、
“Ya,lettle bi" って答えたら、
“You should!" と云われたそうです。笑


さて、私はどうかな。。。


実は、アメリカに到着した時に、
娘の声を聞いて以来、
一度も電話はしていないので、

『新年明けたらアメリカに電話してみない?』

なんとなくそう思い、
夫に云ってみたところ、

『は?』

即答で“しないよ”でした。
そうか~やっぱりしないか・・・

ガッカリしながらも、
アメリカの家族になっているのだから、
そう思って、やっぱりここは我慢。

もちろんしてはいけないという
約束なんてありません。

我が家がそうしているだけです。



そんなやり取りがあったからか、
私の初夢は“娘の登場でした”

髪を短くした娘が、
『お正月だから帰って来た』
そう云って現れたのです。

夢に出て来たのは初めて、
それ以降もないので、
つかの間の再会のようでした。


夢の話です。。。









関連記事
スポンサーサイト
2013-01-21(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

良いですね。

我が家には、・・・あっ!先週、絵葉書が届いてた。
オーストリアのザルツブルグへ旅行に行き、そのお城の絵葉書。
雪が少なくて、絵葉書のようじゃなくて残念と書かれていました。

ホストママからのメールでも雨が降ったようなことが書かれていた。

とりあえず、休み前に言葉の進歩が見えず、落ち込みかけていた娘が、ホストママの語彙が増えたと褒められて、一気に有頂天?
学校が再開し、授業も前よりも良くわかるって、高々3週間ほどでそんなに変わるものなのか。それともただの能天気?

まあ、判らないといって落ち込んでるより、判った気になっていて、授業が楽しければNo問題か。

ところで、電話は考えたことがなかった。
2013-01-21 21:31 | カール | URL   [ 編集 ]

娘たち、もの凄くポジティブに生きてるんだと思うな。
何事からも逃げないでね。

それは自分が“ここで生きてる意味”を見つけ続けているってことかな。
人生における大切な自分の“バネ”をつくってるんだろうね。

2013-01-22 10:15 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR