マンスリーが届きました

アメリカに留学(=YL)している娘の
マンスリーレポートが届きました。

待っている身には、
本当~に待ち遠しいレポートです。

なぜならば、このレポートでしか、
娘の様子はわからないからです。

それもなかなかいいものです。

ネットですぐにつながれて、
写真ですぐに様子がアップされて、
欲しい情報がすぐに手に入る。

それが今の時代です。

その時代に反して、
つながらないという不自由さの中で、
自分に向き合ってくるのです。


11月、12月のマンスリーが、
まとまって届きましたが、

YLとは
準備とは
ことばとは

ど真ん中を書いてきました。



009_convert_20130111095642.jpg


011_convert_20130111101417.jpg


可愛い挿絵です。

016_convert_20130111101758.jpg


013_convert_20130111101521.jpg


014_convert_20130111101621.jpg


赤ちゃんの成長について。

015+(2)_convert_20130111101702.jpg


11月のマンスリーの中で、
こんなことが書いてありました。


Thanksgiving の前日にdaddy と
Hailee とKaisee と夜散歩に行ったの。
そんときにDaddy に
"What are you thankful" と聞かれたの。
I said "You guys" そうしたら、
oh...You are so nice ってハグしてくれたの。

この時、なんかすごい嬉しかった。

自分がずっと伝えようって思ってたことが、
この時伝えられたから。。。

自分が伝えたいなとか、
やりたいなってことに、
“いつも周りがチャンスをくれる”
これってすごい不思議だなって思うんだよね。

YLって自分と向き合うためには、
すばらしい時間だと思う。

こうしたいのに出来ないとか、
こう思ってんのに伝わんないとか、
不自由なこともめちゃめちゃあるけど、
その度に、自分成長してんじゃないかなって思う。
ていうか、してて欲しいな。。。

まだ自分が、帰国生みたいに、
キラキラしている姿は想像できないけど・・・



daddy がね、
"Why are you always smiling? I'm so glad 
て云ってくれたの。
I said "Bcause Im always happy Thank you"
毎日笑顔にしてくれるのは daddy だよって思った。

最近思うのが、約1年くらいYLの準備をしてきて、
CDも大事だけど(多言語のストーリーCD=聞こえる環境)
人と人のコミュニケーションみたいの、
めっちゃ大事だなって思うの。

準備の中で、数え切れないくらいの人と会って、
その中で自分から話しかけてみたり、
舞台に立って司会したり・・・
全部今につながってる。
意味のない準備ってないと思う。

自然に笑顔で生きてたのも
準備のおかげでもあるよね。

準備って大事~。




私は、出発までの彼女をずっと見て来ました。

ヒッポファミリークラブの
プログラムで行く留学は、
たぶん他の団体とは比べられない、
目に見えない蓄積があります。

普通は目に見えた成果を求めるけれど、
目に見えないプロセスを大切にしている。

それがヒッポ。


その、目に見えないものが何であるかが、
このマンスリーレポートにはしっかりと、
記述されています。


感動という以外のことばが見つかりません。


もちろん、我が子だから
こんな感情が込み上げて来るのでしょう。。。












関連記事
スポンサーサイト
2013-01-11(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

すばらしい。

最初のレポートからじっくりと読んでみたいです。

特に、「YLって自分と向き合うためには、すばらしい時間だと思う。」は、すごい。

自分と向き合うって、文字にするのは簡単な事だけど、実際は、非常に難しいことだと思うし、さらには、それを「すばらしい時間」と気が付いているのが、すごいことだと思う。

自分は・・・・・逃避しているよな~(爆)。
2013-01-11 19:22 | カール | URL   [ 編集 ]

本当にすごいねよ~。

わずか16、17歳の子が、親元や日本から離れて、
丸裸で一からすべてを築いていくんだから。
高校生という時代にしか味わえないチャンスを、
娘たちは、自分たちで掴んだんだよね。

マンスリー送ります。
ひなこの冊子も届きました。
ドイツで頑張る彼女の姿が、
浮かんで来るようです。

ありがとう。
2013-01-11 20:16 | じんこ | URL   [ 編集 ]

ケンチャナヨ?

いつもながらに愛のあるマンスリーですね。
鬼のカクラン?錯乱?風邪は大丈夫?
新年会の看板はあまりに上手すぎて、みんなの目がフツーにスルーして、ないも言われませんでした。(汗)
2013-01-15 01:44 | パッキー | URL   [ 編集 ]

いとしいね。自分ちの子じゃないのに
とってもいとしい。
行ってくるだけでもいとしいと思うのに
こんな風にあたしたちと同じような
思いを持ってくれるって
ますますいとしい
いつも気付きを与えてくれてありがとう
って思うよ
2013-01-15 16:45 | 村田ひぃちゃん | URL   [ 編集 ]

感動!!

本当に感動ですね!!

我が子じゃなくても、マンスリーを読みながら応援している誰もがその成長を嬉しく思っていますよ。

それから、遅くなりましたが。。。
可愛くて、愛のこもった年賀状をありがとうございました♥

2013年も、愛の溢れる守屋家に、たくさんの出逢いと多幸あれっっ☆☆

P.S  これからもマンスリー&ブログ、楽しみにしています♪♪
2013-01-15 20:21 | シャンス | URL   [ 編集 ]

ありがとう

ちょっと体調を崩しPCに向かえずにおりましたが、
数日ぶりに開けてみたら、たくさんのコメントや
拍手がいただけていて感激しました。

ありがとうございます。

娘は、これほどたくさんの方に自分のレポートを読んで
もらっているとは、たぶん想像していないと思います。

送り出した親のことを=親ロンと呼んでいますが、
ただ待っているだけの親ロンではありません。
子どもたちのがんばりを励みに、親も一歩踏み出そうと、
いろんなことをやっています。
マンスリーをみんなに共有することもそのひとつです。

娘のイヤロンも半分を過ぎました。
残りの時間、私はたくさんのファミリーを巡り、
イヤロン生の頑張りをもっと伝えたいと、
たった今決意しました~。

呼んで下さる方がいれば是非声をかけて下さい。
出来る限り足を運びたいと思います。



2013-01-16 17:05 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR