今年の初カット!

年末に髪をカットしたのですが、
新年早々にまたカットしました。

どうも気に入らなかったので…

これもはたから見れば、
たいして違わないのです。

でもなんとなく、
しっくりいかない私なのです。

こんなふうに自分でカットした髪を、
見ることはないので、
やっぱり完成度は。。。

あるのは技術ではなく、
思い切りだけですから。


040_convert_20130110103247.jpg


049_convert_20130110103207.jpg



夫には『よく自分の髪を切ろうと思うね』と、
呆れ気味に?いや尊敬気味に云われます。

確かにそうなのですが、人に説明するより、
自分で思うように切りたい。
そんな意思が強いのでしょう。。。






関連記事
スポンサーサイト
2013-01-10(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

しかし、どうやって自分の後髪を切っているんだろう?どうしてあんな風にカット出来るのか?
頭の後ろに目があるか?他の人二倍位の手の長さがあるか?どちらかとしか思えない。
2013-01-16 19:08 | oyayuki | URL   [ 編集 ]

そんな反応してもらえてビックリ。
でも嬉しいから話しちゃう。

我が家の洗面台は三面鏡になるので、横までは見えるんです。
でも後ろを切る際は、手先はほとんど見えていません。
髪を挟んでいる手先がすべてです。
見えてはいますが、だいたい手の感覚で切ってるということです。
だから思い切りが必要なんです。

自画自賛なのは、首にケープも巻かず、周りに髪の毛を落とさず、
洗面前に広げた新聞紙1枚で済んでるってことです。
それくらい手軽でなければ自分では切らないと思いますが・・・。
2013-01-17 10:04 | じんこ | URL   [ 編集 ]

最初はもっと大まかだったのかな?人間は「こうなりたい!」「こうしたい!」があると上達する動物なんだろうな…。う〜〜ん。それにしても綺麗な断面!
2013-01-17 10:16 | oyayuki | URL   [ 編集 ]

プロフィール

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR