BGMから多言語の環境に

我が家のトイレで多言語が流れだしました。
我が家には個室というものがないので、
やってみると面白いことがいろいろ起きています。

トイレで流れてるの!?

はい。
水ではなく多言語が流れているのです。

そこまでするんですかって
驚かれるかもしれませんが、


私もまさか我が家でそんなことを
するとは思ってもみなかったです。


トイレで流している人もいるんだって~と
娘たちに話したその日から、
『うちはいつから流れるんだ!』
と何日もせがまれていたのです。

“面白そうなことはやってみよう”

その精神は本当にステキなことだと思いますが、
あんな滞在時間の少ない所に置く意味がわからない。。。

と、意外に頑固な私。

でも娘たちの好奇心に満ちた顔に押され、
やってみたら・・・


入る人、入る人、何か叫びながら出て来るのです。

『きゃ~男の人の声が~』
『えぇ~気持ち悪る~~い!!』
『あ~驚いたぁ』

などなど。

私は用を足しながら、
無意識にその音をマネしてました。
しかも大きな声で。

自分の声にビックリしました。

先ほどはイタリア語が流れていて、
なんだかイタリアの街角にでも
居るかのような、
不思議な感じがしました。

あの個室で、これからどんなことが起きていくのか、
ちょっと楽しみになりました。


もちろんトイレだけではありません。
リビングや玄関、洗面所と、
あちこちで流しています。


ボリュウムは大きくなく、
通りかかる時に聞こえたらOK


狭い我が家が、
多言語の公園のようになりました。










関連記事
スポンサーサイト
2012-10-28(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR