ヒッポ!

娘は留学先でホストファミリーになって下さる方に宛てて、
手紙を書きました。
アプリケーションと呼ばれる調書のひとつです。
レポート3枚に書くのは結構大変なことです。

どんな家族に出会えるかわからないけど、
受け入れてくれる家族に向けて、
自分自身の事、そして感謝の思いを書いていました。

どうやったらこんなに英語が書けるの!?
母のデキが悪いから、自分でやるしかないのです。


ん?どこかで聞いたフレーズ。笑

IMGP4124_convert_20120215212335.jpg




その横で、カバを描いている私。

023_convert_20120215234832.jpg

なぜ!?


ヒッポをいろんな人に伝えたいので、
新しいお知らせチラシを考案中~。

インパクトあるかしら?



しかし、

“先生もいない”“勉強もしない”
ヒッポ(多言語)が育ててくれることは、
こうゆうことなんですか?
娘の姿にその答えがあるようです。

人に対してはもちろんのことですが、
話すことにも、書くことにも、壁がない。

いいな~。

私にはまだ壁がありますよ。
でも少しづつ自然にね。

いつの間にか飛び越えてますよ。
きっと楽チンにね。





関連記事
スポンサーサイト
2012-02-16(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR