バックをつくりました。

昨日お会いしたシニアの方が、
スウェーデン語のストーリーCDを、
振りまで付けて、それはそれは楽しそうに
歌って下さいました。

歌うと云っても“歌”を歌うのではありません。
その国のことばらしく、
スト―リーを丸ごとマネをするのです。
ことばにはリズムがあるので、
まるで歌っているようなのです。

その時、あ~私の中にもこの“音”がある~!
と嬉しくなりました。
まさかスウェーデン語なんて、
出てくるとは思っていなかったので、
自分の口から溢れ出てきた瞬間は、
ちょっとビックリ~でも感激しました。

ただ流しているだけなのに、
やっぱり音(ことば)は溜まっていくのです。
そして人や音との出会いが、
無意識に溜まっていたことばを引き出してくるのです。

また一緒に歌いたいな~。




夜、ご飯を食べている夫の横で、
チクチクと針を進めていたら、
バックが出来ました。

そばにあったリネンの布と針。
ミシンを出すのも面倒だったので、
なんとなくいじっていたら、
こんな形になりました。

IMGP4208_convert_20120213001049.jpg


IMGP4211_convert_20120213001246.jpg


私は裁縫も大好きですが、
測ったり、型紙をあてたりはしません。

だいたいこんなもん。
だいたいこんな感じ。

そんな感覚だけで、
マチ針とハサミがあれば、ジョキジョキ裁断。

洋服も小物もなんでも作ってしまいます。
ズボンを作ってお尻にピッタリはまった時は、
気持ちがいいもんです。

これはもしかしたら特技!?


子どたちのTシャツがほころべば、
ちょこっと布を当てて刺繍。
大喜びしてくれます。

欲しいモノを探しても、
見つからない時は、
自分で作ってしまいます。

でも、いつもそんなことをしているわけではありません。
気が向かないとやりませ~ん。






関連記事
スポンサーサイト
2012-02-13(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR