トイレの中で・・・

日曜日だっていうのに、朝から演歌が聞きたくなりました。
ちあきなおみ全曲集がありました。

やっぱりいいな。


ゴールデンタイムにテレビを見ることがあまりないので、
そうなると歌番組も見ることがないので、
どんな人がどんな歌を歌っているのか、最近の事はよくわかりません。

昔、母たちが「今の歌はよくわからない」って云ってましたが、
同じような歳に同じような事を云ってる私。

思わず口ずさんでる歌は、
なぜか母が口ずさんでいた歌ばかり・・・

美空ひばり
八代亜紀
島倉千代子

無意識にこういう歌を歌ってるなんて・・・


なぜだろう。


娘たちは大きくなったら、私がいつも熱唱している
和田アキコを歌ってしまうんだろうか・・・





最近立て続けに、友人とトイレの話しになりました。
みんな子どもたちが年ごろになり、
忙しいから話してる時間もない。

「聞いてなかったよ~」や
「知らない」を

云わせないために“大事な事はトイレに掲示”している。
と云うのです。

へぇ~~~と妙に感心してしまいました。



実はそのお宅にお邪魔したことがあるのですが、
何かがごちゃごちゃ貼り付けているというのではなく、

こんな会があるよ
この記事面白いよ

といった共有したいことがそこにはあるだけでした。



想像したより感心してしまいました。



かといって実行するでもなく日々過ごしていましたが、
何を思いついたか、トイレに本を置くようになりました。

きっかけは娘の読み終えた本でした。


ある日テーブルの上に本が一冊。

ん?

ちょっと開いて読んでみると、心に染みてくることばばかり。


これはきっと夫が“これ面白いよ”というメッセージで置いて行ったんだな。
そんなふうに思って、その日は一日その本を持ち歩き、
ちょっとした時間に読んでいました。


帰宅した夫に「これあなたの本?」と聞いたら、
「違うよ」という返事でした。

じゃ~誰の本!?と思ったら
「それ私の本だよ」と長女がひと言。

幕末大好きないかにも長女らしい本だったのですが、
こんな本を見つけてくるんだ~~と思ったら、

“この子すごい”

とさらにその本を面白く読んだのです。



その時思いついたのがなぜか、トイレ!!
あの拾ったハシゴがついに活躍できる場所が~と思いつき、
こんな感じに展示されることに。。。

IMGP5190_convert_20111211090255.jpg



この日以来、トイレに行きたくて仕方がないのです。
そして開く度に、
あの子はこの本を読んで何を思ったのかな・・・とか思いを馳せる、
別な楽しみが増えたのです。


トイレの中かよっ!って感じではありますが、
友人たちは“思い”を分かち合うという、
あくまでも“形”がトイレにあっただけなのであって、
それ以上のつながりが家族の中にあるんだな~とわかったのです。







関連記事
スポンサーサイト
2011-12-11(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

すごーい!
流石じんこ!!(りゅうぜきじんこ?)←流石って変な漢字じゃない?

トイレに本を置くのって『おやじっぽ~いv-507』って思いつつ、私も置いちゃうんだけど、コレ!カッコイイ~e-460サスガです。
2011-12-12 22:47 | ふみちゃん | URL   [ 編集 ]

カッコイイ?そう?実はドアには、これっていう新聞の切り抜きがベタベタ貼ってあって、見た目は・・・です。でもトイレの中って場合によっては案外ヒマなんだよね。何か貼ってあればついつい見てしまう。。。
2011-12-16 09:18 | じんこ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

じんこ

Author:じんこ
ヒッポファミリークラブ東長崎(東京豊島区)木曜日を主催するフェロウ。
趣味は多言語と模様替え。
明治や昭和初期の家具たちが持っている存在感を愛おしみながら、その力を借りて家族5人、67㎡という決して広くないマンション生活を、流れる多言語と模様替えによって豊かにしています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR